NFT

NFTのAL(アローリスト)とは?概要や獲得条件、メリットについて徹底解説

NFT

 

悩んでいる人
NFTのAL(アローリスト)について詳しく知りたい。AL(アローリスト)への登録条件やメリットを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTのAL(アローリスト)とは
  • NFTのAL(アローリスト)とWL(ホワイトリスト)の違い
  • NFTのAL(アローリスト)の獲得条件
  • NFTのAL(アローリスト)を獲得するメリット
  • NFTのAL(アローリスト)の探し方
  • NFTのAL(アローリスト)を獲得したあとにすべきこと
  • NFTのAL(アローリスト)に関する注意点

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

NFTに触れていると「アローリスト」という言葉をよく目にします。

アローリストとはNFTの優先購入権のこと

アローリストを獲得すると優先的に安くNFTが購入できるなどのメリットがあります。

そこで、今回はNFTのアローリストの概要や獲得方法などを解説していきます。

この記事を読むとNFTのアローリストの概要が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、NFTの購入にはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要となります。

なので、NFTアイコンに興味がある方は、無料で口座開設できるコインチェックでイーサリアムを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

NFTのAL(アローリスト)とは

NFTのアローリストとは、NFTを優先的に安く購入するためのリストのことです。

具体的には運営から指定されたタスクをこなすことで、アローリストが獲得できます。

アローリストで購入したNFTは通常よりも安く購入できるため、転売することで利益を得やすいのが特徴です。

例えば、イケハヤ氏がファウンダーの人気プロジェクトのCryptoNinjaPartner(CNP)では、約200円で配布したアローリストのNFTがその後約40万円まで価格高騰しています。

>>NFTのCryptoNinja Partners(CNP)とは?特徴や買い方、将来性について解説

アローリストの付与条件にはSNSフォローやRT、コンテンツ作成などのタスクが課せられることが多く、そのコレクションのマーケティング活動の一部を担う形となります。

ただし、アローリストにも登録人数の上限や抽選方式などにより必ず獲得できるわけではないので注意が必要です。

 

NFTのAL(アローリスト)とWL(ホワイトリスト)の違い

NFT

NFTのAL(アローリスト)とWL(ホワイトリスト)の違いについて解説します。

ぶっちゃけると、アローリストとホワイトリストは同じものです。

「ホワイトリスト」という名称が人種差別につながる恐れがあるため、「アローリスト」を使うようになりました。

NFTプロジェクトによってアローリスト・ホワイトリストの双方が使い分けられています。

>>NFTのホワイトリストとは?概要や獲得条件、メリットについて徹底解説

 

NFTのAL(アローリスト)の獲得条件

暗号資産(仮想通貨)ホワイトリストの登録条件

アローリストの獲得条件は以下のとおり。

  1. Twitter登録
  2. Discord登録
  3. Telegram登録
  4. ブログ記事作成
  5. 特定のNFTを所有する

順番に解説します。

 

①Twitter登録

大抵のプロジェクトではそのコレクション公式のTwitterアカウントのフォローが条件となります。

さらに、該当ツイートのRTやLikeなどで多くのフォロワーへ周知することを求められます。

 

②Discord登録

Discordへの参加も必須となります。

Discordはチャットツールであり、多人数でのやりとりに適しているため、NFTコレクションのコミュニティ運営で活用されています。

単に登録するだけでなく、Discord内で以下のような条件が課されることもあります。

  • 一定数の発言をする
  • AMA等に積極的に参加する
  • 他のユーザーを招待する

こんな感じでコミュニティの活性化と登録ユーザー獲得の手助けをする場合もあります。

 

③Telegram登録

プロジェクトによってはTelegram登録が必要なケースもあります。

Telegramは無料のメッセージアプリで、メッセージが暗号化されるため安全性の高いやりとりが可能です。

Discordと同様にTelegramを活用してコレクションの運営報告やGiveaway情報などを発信している場合があり、運営とホルダーとの重要な接点となります。

基本的にはDiscordのサブ的な使い方をすることが多いですが、必要に応じて登録しておきましょう。

 

④ブログ作成

プロジェクトによってはブログなどのコンテンツ作成が必要なケースもあります。

そのプロジェクトに関するブログ記事やYouTubeなどを作成し、宣伝に協力するイメージです。

例えば、以下のような記事を書くことでアローリストがもらえます。

>>NFTのしきぶちゃん(Shikibu World)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説

なので、ブログをやっている人にとってはアローリストをもらって転売で稼ぎやすいかと。

NFT転売のコツについては、NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑤特定のNFTを所有する

特定のNFTを所有していると、アローリストがもらえるケースも多いです。

具体的には、CNPを保有しているとしきぶちゃんやAopandaのアローリストがもらえるイメージです。

所有しているだけで、アローリストがもらえて楽なので、こうしたユーティリティが多いNFTをあらかじめ保有しておくのも賢い方法です。

 

NFTのAL(アローリスト)を獲得するメリット

NFTのアローリストを獲得するメリットは以下のとおり。

  1. NFTを安く購入できる
  2. ガス代高騰を回避できる

順番に解説します。

 

①NFTを安く購入できる

NFTを安く優先購入できることがなによりも大きなメリットです。

アローリストで購入する場合は一般販売よりも安価な価格設定がされているからです。

NFTは一般販売直後は価格が高騰する傾向にあるため、そのタイミングで売却することで高い確率で利益を得ることができます。

>>【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

このようにアローリストを獲得できると、転売で利益を得やすいため早めに登録をしておくことが重要になります。

 

②ガス代高騰を回避できる

ガス代高騰を回避できる点もメリットのひとつ。

>>【保存版】OpenSeaでガス代が発生する取引まとめ【安くする方法アリ】

人気のNFTコレクションが一般販売されると、購入希望者が殺到し一時的にガス代が高騰するため、NFT代+高いガス代を支払う必要があります。

しかし、アローリストであればそうしたガス代高騰とは無縁であり、余計なガス代を支払う必要はありません。

このように不必要な出費を抑えられる点もアローリストの利点と言えるでしょう。

 

NFTのAL(アローリスト)の探し方

NFT

NFTのアローリストの探し方は以下のとおり。

  1. Twitterで探す
  2. まとめサイトで探す

順番に解説します。

 

①Twitterで探す

1つめがTwitterで探す方法です。

「WL」「AL」「Giveaway」などで検索してみると、アローリスト登録を募集しているコレクションが見つかります。

こうした中から興味が持てそうなコレクションのアローリストに登録してみるといいでしょう。

ただし、中には活動実態が乏しい怪しいコレクションもあるので、公式サイトや普段の発信内容などをよく確認してください。

 

②まとめサイトで探す

2つめがNFTの情報をまとめたサイトで探す方法です。

アローリスト等の情報が入手できるサイトの一例は以下のとおり。

これらのサイトで新しいNFTコレクションの情報などを把握することが可能です。

「NFTGO」では、「Drops」というページで最新のNFTコレクションを一覧で確認できます。

「Nansen」にも「Mint Master」というページでNFTのオンチェーン統計を見ることができます。

今後こうしたNFT情報をまとめたサイトが増えると見込まれるので、Twitterと併せて活用することで情報取集が捗ります。

 

NFTのAL(アローリスト)を獲得した後にすべきこと

NFTのアローリストを獲得した後にすべきことは以下のとおり。

  1. ミントする
  2. コレクションする
  3. メタバースに展示する
  4. SNSアイコンにする
  5. メタバースアイコンにする
  6. 転売して利益を得る
  7. コミュニティに参加する
  8. 融資の担保にする

順番に解説します。

 

①ミントする

ミントとはNFTを新たに発行することです。

アローリストに登録したあとはそのプロジェクトのミントサイトでNFTをミントする必要があります。

中には、以下のようなマーケットプレイスで自分でミントしてNFTを発行するケースもあります。

  • Opensea
  • Rarible
  • SuperRare

Openseaを利用することがほとんどなので、Openseaの登録は済ませておいた方が無難かと。

Openseaの使い方については、OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!で詳しく解説しています。

 

②コレクションする

単純にアート作品としてコレクションする方法です。

マーケットプレイスで購入したNFTアートは自分のコレクションとしてネット上に保管されています。

NFTアートは様々なクリエイターが趣向をこらして制作しているため、見ているだけでも飽きません。

また、友人などにトランスファーしてプレゼントすることも可能なので、お互いお気に入りのNFTアートを交換するのも楽しそうです。

 

③メタバースに展示する

自分が保有するNFTを仮想空間に展示することもできます。

以下のようにoncyberなどを使ってNFTをメタバース内に展示し、多くの人に見てもらう人が増えています。

実物のアート作品だと展示するスペースが必要になったり、保管にも気を使いますがメタバースであれば不要です。

メタバース内の美術館も登場しているので、今後NFTアート作品をメタバース上に展示する機会が増えてくるかと。

メタバースの始め方については、【初心者向け】メタバースの始め方・やり方を解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④SNSアイコンにする

最もポピュラーな方法がこのSNSアイコンにする方法です。

TwitterのアイコンなどにNFTアートを設定することで、自分の趣味や属するコミュニティを表現することができます。

そのため、最近ではアイコンに設定することを想定したPFP(Profile-Picture)用のジェネラティブNFTが主流となっています。

Twitterでは以下のコレクションのNFTアートをアイコンにしている人をよく見かけます。

NFTアートをアイコンに設定することでホルダー同士の交流が生まれたり、自分が知らなかったNFTアートを知る事ができます。

NFTアイコンについては、NFTアイコンとは?メリット・デメリット、おすすめコレクションについて解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑤メタバースアイコンにする

メタバースのアバターのアイコンにすることも可能です。

メタバースとは、インターネット上にある仮想空間のことを指します。

ユーザーはアバターを操作し、他のユーザーと交流したり商品を売買したり、ゲームに参加することができます。

このアバターにNFTを設定することができます。

メタバース内の土地や建物、アイテムなどはNFTとして取引されるので、メタバースとNFTは一心同体とも言えるでしょう。

>>【初心者向け】メタバースとNFTの関係とは?活用例・始め方を徹底解説

 

⑥転売して利益を得る

転売して利益を得ることもできます。

購入時よりも高い価格で売ることで、売却益を得ることが可能です。

現在、NFTアートを取引しているユーザーの大部分が転売目的であり、NFTアートが投資対象として確立した人気を獲得しています。

WL(ホワイトリスト)という優先購入権で安く購入し、二次流通で高めの金額で売りさばく転売が主流です。

>>NFTのホワイトリストとは?概要や獲得条件、メリットについて徹底解説

NFT転売のコツについては、【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑦コミュニティに参加する

NFTアートを保有することで保有者限定のコミュニティに参加することができます。

ほとんどのNFTコレクションはDiscordでグループチャットが用意されており、日々活発な交流がされています。

このようなクローズドのコミュニティに参加できるため、そこでしか得られない有益な情報などが入手できるようになります。

 

⑧融資の担保にする

NFTを融資の担保して資金を調達することもできます。

NFTを担保にお金を貸すサービスが登場しており、「NFTfi」というプラットフォームがローンチされています。

NFTfiではローンの担保にしたNFTアートが閲覧でき、ETHを貸付する場合は担保NFTの画面から貸付オファーを出します。

オファーをNFTホルダーが承諾すると、スマートコントラクト機能によりにNFTがロックされ、ホルダーにETHが振り込まれます。

期限内に返済をすることで、NFTのロックが解除されます。

期間を過ぎてしまうと、ホルダーではロックが解除できなくなり、貸し手にNFTが渡ります。

こんな感じでNFTを担保にして資金調達できるため、従来より容易にお金を借りることも可能です。

 

NFTのAL(アローリスト)に関する注意点

NFTアローリストに関する注意点は以下のとおり。

  1. 公式サイトであることを確認する
  2. ウォレットのシードフレーズを教えない
  3. 知らない相手からのDMなどを容易に開かない

順番に解説します。

 

①公式サイトであることを確認する

発信者が間違いなく公式サイトであることを確認することが重要です。

なぜなら、公式サイトになりすました詐欺行為が多いからです。

公式サイトと信じてウォレットなどを接続してしまい、ウォレットの中身を奪わえるケースが多く発生しています。

そのサイトのURLをよく確認し、Twitterアカウントの普段の発信内容等やフォロワー数など、不自然な点がないか確認しておきましょう。

 

②ウォレットのシードフレーズを教えない

ウォレットのシードフレーズは絶対に他人に教えないでください。

運営においてシードフレーズが必要にことは無く、シードフレーズを聞き出そうとする場合は100%詐欺です。

うっかりシードフレーズを教えてしまうと、ウォレットの中にある仮想通貨やNFTを奪われてしまうので気を付けてください。

 

③知らない相手からのDMなどを容易に開かない

知らない相手からのDMは開かないようにしてください。

ホワイトリストやNFTの当選を装ったスパムメールの場合があるからです。

DM内のリンクなどを踏んでしまうとウォレットがハッキングされる可能性があります。

知らない相手からのDMはすべて詐欺を考えてOKなので、決して開かないようにしてください。

 

NFTのアローリストのまとめ

仮想通貨Ravencoin(RVN)は今後需要が増える見込み

今回はNFTのアローリストについて解説しました。

アローリストに登録することで優先的に格安でNFTを購入できるため、転売で利益を得やすくなります。

今後数多くのNFTコレクションがリリースされるので、運よくいくつかのアローリストを獲得するだけでも安定した利益が期待できます。

今回紹介した方法でアローリストを獲得して、効率的に稼いでいきましょう!

繰り返しですが、NFTを購入するためにはイーサリアム等の仮想通貨が必要であり、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

NFTに興味があって口座を持っていない方は、アプリダウンロード数No1コインチェックでサクッと口座を無料開設しておきましょう。

この記事を読んだ97%の人が行動しません。行動するだけで3%になれるので、迷っているなら行動することをおすすめします。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5