MONEY

仮想通貨の積立投資とは?メリットや始め方、おすすめの仮想通貨を解説!

積立投資の始め方

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)の積立投資について詳しく知りたい。積立投資のメリットややり方、積立におすすめの銘柄について教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 仮想通貨の積立投資とは?
  • 仮想通貨の積立投資のメリット・デメリット
  • 仮想通貨の積立投資が向いている人とは
  • 仮想通貨の積立投資ができる仮想通貨取引所
  • 積立投資に適した仮想通貨を見極めるポイント
  • 積立投資におすすめの仮想通貨
  • 仮想通貨の積立投資を行う上での注意点
  • 仮想通貨の積立投資を行う方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

皆さんは、仮想通貨も積立投資ができることはご存知でしょうか?

 

「仮想通貨を購入したいけど、ついつい忙しくて購入する時期を逃してしまう。」
「どうやって仮想通貨をはじめていいかわからない。」

 

そんな人に最適なのが「仮想通貨の積立投資」です。

 

今回は、仮想通貨の積立投資について、メリットや積立投資におすすめの仮想通貨を解説します。

 

この記事を読むと仮想通貨の積立投資のことが理解できるので、安心して積立を始めることができます。

 

なお、積立投資を始めるには仮想通貨取引所で口座開設する必要があるので、アプリや取引画面が使いやすいコインチェックで口座を開設しておきましょう、

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

もくじ

①仮想通貨の積立投資とは?

①仮想通貨の積立投資とは?

 

仮想通貨の積立投資とは、仮想通貨の取引所が行っているサービスのうちの一つで、投資信託の定期積立投資のように、毎月、もしくは毎日1度、決まった額の仮想通貨を購入していく方法です。

 

例えば月1回、1万円分のビットコインを購入する設定にした場合、毎月決まった日にちに決まった金額で購入できるので、忙しくても仮想通貨の購入を忘れることがありません。

 

この方法はドルコスト平均法と呼ばれ、比較的低リスクで運用可能な方法です。

 

お金
仮想通貨初心者にはドルコスト平均法がオススメな3つの理由

続きを見る

 

また、定期的に同じ金額を積み立てることで、たくさんのメリットがあります。

 

まずはビットコインを定期的に積み立てた時のシミュレーションを見てみましょう。

 

ビットコインを過去1年間積み立てた時のシミュレーション

 

ビットコインを過去3年間、毎月1回1万円を積み立てていた場合のシミュレーションを見てみましょう。

 

ビットコイン積立シミュレーション

引用元:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/tsumitate/

 

2021年はかなりビットコインの価格が高騰したことも影響しましたが、3年間で36万円積み立てたところ、3年間で約240万円になっていた、という計算になりました。

 

毎月自動的にお金を積み立てているだけで、3年間で約200万円も利益が出ると考えると夢のある話ではないでしょうか。

 

ちなみに、もしイーサリアムを同じ条件で3年間、毎月1回1万円積み立てていたら、約620万円になっていたという計算となります。

 

ご自身が購入したい仮想通貨で1度シミュレーションしてみてはどうでしょうか。

 

また、定期積立のプランには2種類あり、月に1回同じ金額を積み立てていく方法と、毎日同じ金額で積み立てていくプランが存在します。

 

それぞれのよい点を解説します。

 

①月1で積み立てるプラン

 

月に1回、同じ金額を積み立てる設定の場合、獲得できる利益が大きくなるというメリットがあります。

 

長期的に仮想通貨を積み立てたい場合、月1で積み立てる方の方が多いのではないでしょうか。

 

大きく利益が獲得できる反面、価格の下落のリスクも大きくなるのが月1で積み立てるプランの特徴です。

 

②毎日積み立てるプラン

 

仮想通貨の金額は毎日変動しますので、毎日同じ金額を積み立てた方が価格の変動のリスクを減らすことができます。

 

しかし、大きな利益の獲得に向いている方法ではないので、まずは初心者の方が小額で毎日投資をしてみて、どのような値動きをするのか確認する方法で使うのがよいのかもしれません。

 

仮想通貨の積立投資のメリット

仮想通貨の積立投資のメリット

 

それでは、仮想通貨の積立投資のメリットを解説します。

 

仮想通貨の積立投資メリットは以下の通りです。

 

  1. 少ない金額で積み立てができる
  2. ドルコスト平均法が使える
  3. 忙しくてもほったらかしにできる

 

①少ない金額で積み立てができる

 

仮想通貨の積立投資は、コインチェックなどの仮想通貨取引所であれば、500円から購入できます。

 

まとまったお金がない人や、試しに仮想通貨を購入してみたいという方も、まずは小額からはじめてみることをおすすめします。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

②ドルコスト平均法が使える

 

毎月同じ金額を積み立て続ける、というのは「ドルコスト平均法」と呼ばれる非常に優秀な投資手法を行うことになります。

 

この、購入金額を一定に保つ、というのが重要で、

 

  • 仮想通貨の価格が低い時は購入するコインの数が増加する
  • 仮想通貨の価格が高い時は購入するコインの数が減少する

 

この購入手法を繰り返すことで、価格が高い時、低い時のどちらのメリットも享受でき、長期的な資産運用を行う上で有効な方法のひとつとされています。

 

③忙しくてもほったらかしにできる

 

どうしても忙しいと、仮想通貨を購入するのを忘れてしまいがちです。

 

「あの時買っていれば、今頃は大きな利益が出ていたのに」と後悔することもあります。

 

そんな後悔をしないためにも、仮想通貨の積み立て投資を設定しておけば毎月勝手に一定金額を積み立ててくれます。

 

忙しい人にこそ、積み立て投資は向いているでしょう。

 

仮想通貨の積立投資のデメリット

仮想通貨の積立投資のデメリット

 

仮想通貨の積立投資デメリットは以下の通りです。

 

  1. 一攫千金は狙えない
  2. 確実に利益が出るわけではない
  3. 利益が出た時の税率が高い

 

①一攫千金は狙えない

 

仮想通貨を定期的に同じ金額を積み立てていくので、可能性はゼロではありませんが、先週より仮想通貨の金額が何千倍に増えた!となることは少ないでしょう。

 

そもそもそういう短期的に価格の上昇を狙うようなコインは積立投資に向いているコインではありません。

 

そのため、仮想通貨の積立投資を行う場合は、1年くらいの長期的なスパンで利益を出す方法だと考えましょう。

 

②確実に利益が出るわけではない

 

これはすべての投資信託や株取引にも言えることですが、価格が上昇するということは下落する可能性もあるのです。

 

特に仮想通貨は非常に価格の上下が激しい投資商品です。

 

暴落することも多く、不安定な部分が多いので損失が出るのは覚悟した上で積み立てを行う必要があります。

 

必ず余剰資金で積み立てを行うようにしましょう。

 

③利益が出た時の税率が高い

 

日本の法律では、仮想通貨の売買で得た利益は「雑所得」の扱いです。

 

株式やFXで得られた利益であれば申告分離課税が適用されて20%の税金を納めることになるのですが、「雑所得」となると、所得が増えるほど税率が高くなっていく累進課税制度が適用され、税率は5%〜45%。

 

さらに確定申告する際には、住民税を10%支払う必要があるので、最大で55%の税金を払う必要があります。

 

余談ですが、仮想通貨をガチホ(仮想通貨を売却せず、ずっと持ち続けること)しているユーザーは、この税金の高さから売却をすると損をするため、持ち続けているというユーザーもいるようです。

 

仮想通貨の積立投資が向いている人とは

仮想通貨の積立投資が向いている人とは

 

仮想通貨の積み立て投資が向いているのは以下のような人です。

 

  1. 仮想通貨初心者
  2. まとまった資金がない
  3. 長期的な投資を目的としている

 

①仮想通貨初心者

 

仮想通貨初心者にこそ、仮想通貨の積立投資が向いています。

 

いきなり大量の仮想通貨を購入するのは危険ですし、ついつい購入することを忘れてしまうことがあります。

 

また、購入したはいいもののほったらかしになってしまい、価格が上昇したタイミングで売却できません。

 

そんな初心者ならではの凡ミスを防ぐためにも、仮想通貨の積立投資は初心者におすすめです。

 

②まとまった資金がない

 

コインチェックなどの仮想通貨の積立投資が行える仮想通貨取引所では、最低500円から仮想通貨の購入が可能です。

 

まずは仮想通貨に触れてみたい、いろいろなコインを買って試してみたいという初心者の方にはピッタリでしょう。

 

③長期的な投資を目的としている

 

積立投資のデメリットで、一攫千金は狙えない。とお伝えしました。

 

積立投資は毎月コツコツ積み立てることで、価格の下落のリスクを抑え、長期的に利益を出す確率を増やす投資方法です。

 

そのため、いますぐに大金が欲しい、という方には向いていません。

 

仮想通貨の技術の将来性に期待し、将来的に利益が出たらよい、という人に仮想通貨の積立投資は向いているでしょう。

 

仮想通貨の積立投資ができる仮想通貨取引所

仮想通貨の積立投資ができる仮想通貨取引所

 

国内の仮想通貨取引所で積立投資ができるのは主に以下の取引所です。

 

  1. コインチェック(Coincheck) 
  2. GMOコイン
  3. ビットフライヤー(bitFlyer)

 

①コインチェック(Coincheck) 

 

コインチェックは東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っている取引所です。

 

セキュリティも抜群で、現物取引所、販売所の取引手数料が無料で、国内最大の16種類もの仮想通貨を取り扱っています。

 

最低購入価格は500円からと少額から購入可能なので、資金が少ない初心者に最適な取引所です。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

②GMOコイン

 

GMOコインは東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている取引所です。

 

「GMOクリック証券」の長い運用経験を活かした管理体制やセキュリティ面も安心です。

 

とにかく手数料が安く、取引、出入金、送金手数料が無料なのが特徴。

 

取り扱いをしている仮想通貨の数は現在12種類です。

 

安い手数料で取引コストを抑えたい人にとっては最適な取引所です。

 

\ ネット業界大手のGMOグループが運営/

GMOコインで口座開設する

 

③ビットフライヤー(bitFlyer)

 

ビットフライヤーは2014年から運営を開始しており、長い歴史をもつ仮想通貨取引所です。ビットフライヤーについては以下の記事で詳しく紹介しています。

 

bitFlyerアイキャッチ
bitFlyer(ビットフライヤー)とは?概要やメリット・デメリット、口座開設手順を解説

続きを見る

 

ビットコインの取引量が5年連続で国内No.1を記録しています。

 

また、仮想通貨を100円という小額から取引できることが特徴です。

 

取り扱いをしている仮想通貨の数は現在13種類です。

 

以上の中ではコインチェックが仮想通貨の積立投資をするにはおすすめです。

 

取り扱いをしている仮想通貨の量も国内最大で、取引所の使いやすさも圧倒的です。

 

積立投資に適した仮想通貨を見極めるポイント

積立投資に適した仮想通貨を見極めるポイント

 

積立投資に適した仮想通貨を見極めるポイントは以下のとおりです。

 

  1. 信頼できる仮想通貨かどうか
  2. 流動性はあるか
  3. 技術面で優れているか

 

①信頼できる仮想通貨かどうか

 

まず、国内の仮想通貨取引所に上場している仮想通貨であればまず問題はありません。

 

国内の仮想通貨取引所に上場するためには金融庁の非常に厳しいチェックが必要です。

 

そのため、国内の仮想通貨取引所で取り扱いをされているコインは安全性があり、将来性もある、とお墨付きを受けている仮想通貨ばかりです。

 

また、信頼できる仮想通貨を調べる指標のひとつに、時価総額の高さがあります。

 

他の仮想通貨と比べて時価総額が高いと、それだけたくさんの人がそのコインを取引していることになりますので、時価総額の低いコインに比べて信頼性があるといえるでしょう。

 

②流動性はあるか

 

流動性があるというのは、その仮想通貨を購入したい人、売りたい人がたくさんいるという意味です。

 

流動性が低いと、せっかくコインを購入しても、現金化したい時に買ってくれる人がいないなどの問題が起こることもあります。

 

こちらも時価総額が高くて、取引がたくさん行われている仮想通貨を選べば問題ありません。

 

③技術面で優れているか

 

購入する仮想通貨が、他の仮想通貨に比べて、どういった技術面で優れているのかも確認しましょう。

 

たとえば、イーサリアムはビットコインに比べて「スマートコントラクト」という契約などの一連の流れをブロックチェーン上で自動的に実行するシステムを持っており、イーサリアムの価値を向上させました。

 

その他にも送金スピードが早いことや、取引手数料が安い、といった優位性をもち、価値が高くなる仮想通貨もあります。

 

購入する仮想通貨のことはしっかりと調べてから、購入するようにしましょう。

 

積立投資におすすめの仮想通貨

積立投資におすすめの仮想通貨

 

仮想通貨の積立投資におすすめなのは以下のコインです。

 

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. ビットコインキャッシ(BCH)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. ネム(XEM)

 

①ビットコイン(BTC)

 

仮想通貨といえばビットコインというほど有名になった仮想通貨です。

 

仮想通貨
仮想通貨ビットコイン(BTC)とは?概要・特徴や将来性を徹底解説

続きを見る

 

ビットコインは2008年に公表された、代金の支払いなどに使用するために作られました。

 

初めてビットコインの取引が行われたのが、2009年に25ドルのピザ2枚を10,000BTCで取引された時です。

 

2021年10月の価格で計算すると、約700億円のピザとなります。

 

時価総額でいえば仮想通貨のなかではトップクラスであり、いまだに価格は上昇を続けているので、積立投資を行うの適した仮想通貨だと言えるでしょう。

 

②イーサリアム(ETH)

 

イーサリアムとはヴィタリック・ブテリン氏によって開発された仮想通貨プラットフォームの名称です。

 

イーサリアム(ETH)logo
【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

 

そのプラットフォームの中で使用されている通貨がイーサ(ETH)です。

 

イーサリアムはスマートコントラクトを実装しており、契約などの手続きを自動的に行える技術で、今後の技術の発展に期待がされています。

 

また、ビットコインに比べて送金スピード、送金手数料が安いのも特徴のひとつです。

 

イーサリアム上ではさまざまな仮想通貨が誕生しており、仮想通貨のプラットフォームとしては圧倒的な存在感を示しています。

 

積立投資を行うのであれば間違いない仮想通貨だといえます。

 

③ビットコインキャッシュ(BCH)

 

ビットコインキャッシュ(BCH)とはビットコインからハードフォークして生まれた仮想通貨です。

 

ビットコインキャッシュ
【初心者向け】ビットコインキャッシュとは?概要や今後の展望を徹底解説

続きを見る

 

ハードフォークとは、ある通貨のアップグレードを行う際に、別の仮想通貨として生まれ変わることを意味します。

 

そのため、ビットコインキャッシュは、ビットコインの問題点であった送金速度や送金手数料が高いといった問題を解消しました。

 

時価総額も2021年10月現在、約66,000円と時価総額が高く、価格も安定しているので、積立投資に適した仮想通貨だと思われます。

 

④ライトコイン(LTC)

 

ライトコインは元 Google エンジニアのチャーリー・リー氏によって開発された仮想通貨です。

 

ライトコインロゴ
【仮想通貨】ライトコイン(LTC)とは?特徴・今後の展望を解説

続きを見る

 

ライトコインは、ビットコインがデジタルゴールド(金)と呼ばれているのに対し、デジタルシルバー(銀)となるべく作られ、ビットコインの欠点を補うような形で開発されました。

 

基本的な仕組みはビットコインの技術を元に作られているので、ビットコインとほぼ同じです。

 

また、ビットコインに比べて処理速度が早く、発行上限がビットコインの4倍の8,400枚発行されていますので、ビットコインに比べて比較的安価に購入できます。

 

価格の上下が激しいコインではありますが、長期的に見て成長を続けていますので、積立投資に向いている仮想通貨だといえます。

 

⑤ネム(XEM)

 

ネムは新しい経済圏を作り出すことを目的としたプラットフォームで、その中で使われている仮想通貨がXEMです。

 

NEM
【初心者向け】ネム(NEM/XEM)とは?特徴や今後の動向を徹底解説

続きを見る

 

XEMはもうすでにすべての通貨を発行済みです。

 

そのため、さらに通貨が発行された際に価格が下落するという心配がありません。

 

ネムのコミュニティが活発なことも特徴で、XEMを使える店舗が開かれるなど、今後活用できるシーンが増えてくることでしょう。

 

利用する人が増えてくると、価格の上昇も見込めると考えられますので、積立投資を行うのに適したコインだと思われます。

 

仮想通貨の積立投資を行う上での注意点

仮想通貨の積立投資を行う上での注意点

 

仮想通貨の積立投資を行う上での注意点は以下のとおりです。

 

  1. 余剰資金で運用する
  2. 分散投資をする
  3. 短期的な価格の上下に一喜一憂しない

 

①余剰資金で運用する

 

仮想通貨の積立投資を行う際は、必ず余剰資金で行うようにしましょう。

 

仮想通貨は価格の上下かかなり大きいので、生活費を切り詰めてまで投資するのはよくありません。

 

また、余剰資金で仮想通貨を購入してしまうと毎日の値動ばかりで頭がいっぱいになり、日常生活でいつも不安を抱えることになってしまいます。

 

さらに価格が暴落した際に、「これ以上価格が下がったらまずい」と積み立ててきた仮想通貨を売却してしまい、結局損してしまった、となる可能性もあります。

 

②分散投資をする

 

仮想通貨の積立投資をする際は、ひとつの仮想通貨を購入するのではなく、複数の仮想通貨を購入するようにしましょう。

 

仮想通貨は株などよりずっと価格の上下が激しいので、ひとつの仮想通貨しか保有していないと、暴落した際のダメージが大きいです。

 

しかし、仮想通貨を分散して保有しておくことで、もしひとつの仮想通貨が暴落した時でも他の仮想通貨の価格が上昇していることもあり、資産の安定性を高めることができるのです。

 

③短期的な価格の上下に一喜一憂しない

 

いざ仮想通貨の積立投資をしはじめると、価格の変動に敏感になります。

 

仮想通貨は時価総額が2分の1になることはざらにあります。

 

そんな時に焦って、「これ以上価格が下がったら大変だ」と売却してしまうのは本当にもったいないです。

 

また、その逆も然りです。

 

それ以上に価格が上昇する可能性もあります。

 

価格が下がった時は、少ない価格でたくさんの仮想通貨を購入できるチャンスでもあるのです。

 

仮想通貨の積立投資で長期的な利益を狙うのであれば、短期的な価格の上下などは気にせずに、価格はチェックしながらもほぼ放置するくらいの気持ちでいた方がよいです。

 

仮想通貨の積立投資を行う方法

コインチェックつみたて-min

 

仮想通貨の積立投資を行う方法を、コインチェックを例に解説します。

 

手続き方法

 

手続き方法は以下の通りです。

 

  1. コインチェックに登録
  2. アカウントからコインチェックつみたてを選択
  3. 引き落とし口座を設定する
  4. 毎月か毎日のどちらの積立設定にするか選択する
  5. 積み立てる金額を設定する
  6. 積み立てる仮想通貨を選択する

 

以上の方法で簡単に積立設定ができ、難しい設定などはほぼないので、これから積立投資を行う方は参考にしてください。

 

コインチェックでの積立投資のやり方の詳細は以下で詳しく解説しています。

 

GMOコインアイキャッチ
GMOコインの「つみたて暗号資産」とは?メリットや注意点、始め方を解説

続きを見る

 

まとめ:仮想通貨の積立投資は初心者におすすめ

まとめ:仮想通貨の積立投資は初心者におすすめ

 

今回は、仮想通貨の積立投資について解説いたしました。

 

積立投資の特徴としては以下のとおりとなります。

 

  • 少ない金額からはじめられる
  • ドルコスト平均法により、リスクを抑えられる
  • 忙しくても自動的に積み立ててくれる

 

このように、積立投資はこれから仮想通貨をはじめようと思っている初心者の方にとてもおすすめの投資方法です。

 

これを機に仮想通貨の積立投資にチャレンジしてみましょう。

 

仮想通貨の積立投資には取り扱い数No1コインチェックがおすすめです。口座開設はもちろん無料なのでこの機会にサクッと口座開設を済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5