MONEY

【初心者向け】定番&将来性のある仮想通貨5種類を紹介【資産倍増】

仮想通過

 

悩んでいる人
仮想通貨って種類が多すぎてよくわからない。 とりあえずビットコインだけは分かる、、、イーサリアム?リップル? いろいろあるみたいだけど、よく分からない。最低限知っておくべき定番の仮想通貨はどれなんだろう…? あと、これから伸びそうな仮想通貨も教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 仮想通貨の種類は3000種類以上
  • 初心者向けに『定番&将来性のある仮想通貨5種類』を紹介
  • これから仮想通貨を始める人におすすめなポートフォリオ

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から仮想通貨を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

最近のビットコインをはじめとする仮想通貨の高騰を見て、「自分も仮想通貨を始めてみたい!」と思っている方も多いはず。

 

ですが、仮想通貨は種類がたくさんあるので、どれを買えばいいのかわからないですよね。

 

そこで今回は、実際に仮想通貨を買って200万円ほどの利益を出している僕が、定番かつ将来性のある仮想通貨を紹介していきます。

 

この記事を読むと知っておくべき仮想通貨がわかるので、仮想通貨を買う時の目安になります。

 

ビットコインの始め方・買い方については、【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】で詳しく解説しています。

 

 

仮想通貨の種類は3000種類以上

仮想通貨種類

 

結論をいうと、仮想通貨は3000種類以上あり、さらに日々新しい仮想通貨が誕生し続けています。


草コインも含めると膨大な数に上るので、正確な数を把握するのは難しい状況です。

 

仮想通貨は誰でも作れます

 

なぜ仮想通貨の数が多いというと、誰でも簡単に作成できるからです。

 

実はビットコインなどのプログラムはオープンソースとしてすべて無料で公開されており、それを改良することで自分で仮想通貨が作れるようになります。

 

自作した仮想通貨の用途は以下のとおり。

 

  • SNS内で配って個人で使う
  • ブログ・サイト内で使用可能にする
  • ビットコインのように流通量を増やす
  • 自作した仮想通貨を発行し、投資家に購入してもらい利益を得る

 

これはあくまでも一例であり、仮想通貨は世界中どの国でも利用できるため、可能性が拡がります。

 

ビットコインを真似して作っても、その仮想通貨に価値はありません

 

仮想通貨といえばビットコインですが、誰でもビットコインに似た仮想通貨を作ることができます。なぜなら、ビットコインのプログラムはオープンソースでコードが無料公開されていて、誰でも自由に閲覧できるから。

 

もし仮に僕がビットコイン2を作ったとします。それに価値が生まれるか?
おそらく、価値はほぼゼロに近いです。

 

なぜかというと、僕が作るビットコイン2はマーケットで交換できないからです。ビットコイン2を売りたくても、買う人がいなければ価値はないですよね。

 

要するに、仮想通貨の価値は交換可能になって初めて生まれると言えます。誰もが作成可能なビットコイン2は人々が認知していないので、価値はありません。

 

初心者向けに『定番&将来性のある仮想通貨5種類』を紹介

定番仮想通貨

 

仮想通貨の種類が多すぎてわけがわからない…という方向けに定番通貨をまとめました。

 

定番の5種類は以下のとおり。

 

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャシュ(BCC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)

 

順番に説明します。

 

ビットコイン(BTC)


仮想通貨の定番です。2008年にサトシナカモトにより開発されました。

 

認知度が高く、利用できるシーンが多いため企業による購入も多く、2021年には600万円以上にまで価値を上げました。

 

テスラではなんとビットコイン払いで車を購入できます。

 

 

ビットコインは今後もさらに価格が上昇すると見られています。なぜなら、テスラ社に追随してビットコインを購入する企業が増えると予想されるからです。

 

しかし、ビットコインにも欠点があります。その1つが送金手数料の高さ。2021年現在だと1回の送金で最低でも6千円程度かかります。手数料高騰の背景にはビットコイン価格の上昇があります。

 

この手数料の問題を解決すべく、誕生したのが次に紹介するビットコインキャッシュです。

 

ビットコインキャシュ(BCC)


ビットコインキャッシュはビットコインから分裂して誕生しました。

 

先述のビットコインの送金手数料の高さを解決するのがビットコインキャッシュ。ビットコインキャッシュは一度に多くの取引を実行できるので、手数料が安くなる仕組みです。

 

ビットコインキャッシュの名のとおり、通貨として使われることを前提に設計されています。その使いやすさから最近では、ビットコインキャッシュにお金が流れており、ビットコインキャッシュの価値は上昇を続けています。

 

イーサリアム(ETH)


イーサリアムも定番の仮想通貨です。

 

イーサリアムの特徴の1つは、分散型アプリケーション(DApps)を開発するためのプラットフォームの機能を兼ね備えている点です。イーサリアムはパソコンのOSのような存在で、アプリをイーサリアム上で開発することができて、稼働するという点がビットコインとは大きく異なります。

 

もう1つの特徴はスマートコントラクトを実装していること。スマートコントラクトとは設定した条件を自動執行するプログラムのこと。スマートコントラクトにより、イーサリアムをベースにした分散型アプリ(DApps)や分散型取引所(DEX)が数多く開発されています。

 

イーサリアムはiPhoneみたいな感じで、周囲でアプリとか周辺機器などが開発されているようなイメージですね。

 

個人的にもイーサリアムは2021年にさらに価格が高騰すると見ているので、買い増ししています。

 

以下の本を読むと、1時間でサクッとイーサリアムの概要を理解できるので、興味がある方は一読をオススメします。

 

 

リップル(XRP)


リップルは既存の国際送金システムの課題を解決するために誕生しました。

 

現状の国際送金は以下のように問題が多いのが実情です。

 

  • 手数料が高い
  • 時間がかかる
  • 手続きがめんどくさい

 

リップルを使うことで、高速かつ安価に国際送金を済ませることが可能になります。


2021年3月現在、リップル社は既に世界数十カ国の銀行・決済業者と提携しており、国内ではみずほ銀行、りそな銀行なども提携しています。今後さらにリップルネットワークが拡大することで、リップルの認知度が合がると見られています。

 

なお、リップルは他の主要な仮想通貨と異なり、処理のほとんどをリップル社が管理するサーバーで行う「中央集権型」の仮想通貨で、このことにより高速処理を実現しています。

 

ネム(XEM)

 

ネムもおさえておくべき、将来性のある仮想通貨と言えます。

 

なぜなら、仮想通貨取引所を運営しているテックビューロ社が開発しているmijinにネムが使われているからです。

 

 

mijin上で決済や勤怠管理、承認作業などが自動化できるので今後ニーズが間違いなく高まるサービスといえます。

 

実際に金融系・認証・医療分野などで導入されており、今後もさらに導入事例が増えていくと見られています。

 

mijinの導入が拡大することにより、ネム自体の認知度が向上するので価格上昇が期待できます。

 

これから仮想通貨を始める人におすすめなポートフォリオ

これから仮想通貨を始める人におすすめなポートフォリオ

 

仮想通貨を今から始める人向けに、おすすめなポートフォリオを解説します。

 

ちなみに、仮想通貨を始めるのに大金を用意する必要はありません。

 

仮想通貨は少額から始められるので、まずは3万円くらいで初めてみましょう。少額で仮想通貨を購入する方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>ビットコインは高い?実はめっちゃ少額から購入できます【500円】

 

どの仮想通貨をどのくらい買うべきか?

 

3万円のうち2万円はビットコインで、1万円はなんでもいいので気になる仮想通貨を買ってみましょう。ビットコインは認知度も高く、今後も価格上昇が見込めるので初心者には最適と言えます。

 

仮想通貨は簡単に買えるので、まずはコインチェックに登録がおすすめ。サイトやアプリが使いやすいので、初心者でも困ることなくスムーズに購入できます。具体的な購入方法は【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】をご覧ください。

 

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

登録すべき取引所

 

上記3つに登録しておけばOKです。


登録しても本人確認と審査があるため、すぐに取引できるわけではないので、早い段階で登録するのがおすすめ。

 

なぜなら、仮想通貨全般が高騰傾向にあり、審査期間中に買いたい通貨が暴騰して機会損失を招く可能性があるからです。なので、早めの行動を心がけてください。

 

少額で仮想通貨を始めてみよう

ビットコインが飛ぶ

 

定番の仮想通貨、おすすめポートフォリオや取引所について説明してきました。

 

2021年は仮想通貨全般が上昇傾向にあるので、仮想通貨を始めるタイミングとしては最適です。


自分に無理のない金額でとりあえず資金を投入しておけば、少なくとも2倍にはなるはずです。

 

この波を恐れて指をくわえたまま見過すか?
勇気を出して新しい技術のビッグウェーブに乗ってみるか?

 

仮に3万円が無くなったとしても、わずか3万であれば割り切れますよね。そして、新しい世界に飛び込んでみたその決断と経験は今後に活かせるはず。

 

ぜひ一歩を踏み出して、仮想通貨にトライしてみてください。

 

登録すべき取引所

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

初心者向けのビットコインの始め方・買い方についてはこちらで詳しく解説しています。

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品への投資を勧誘するものではございません。「ふぁふぁぶろ」における仮想通貨(改正資金決済法において「仮想通貨」は「暗号資産」に呼称が改められました。当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します)に関する情報は本サイトの見解によるもので、情報の真偽、仮想通貨の正確性・信憑性などについては一切保証されておりません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5