Metaverse

【結論あり】「メタバースは流行らない」が間違っている理由を解説

 

悩んでいる人
メタバースは流行らないって聞くけどどうなんだろう?メタバースが今後流行るのかどうか、その理由を知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • メタバースとは?
  • メタバースは流行らないが間違っている理由
  • メタバースの始め方・やり方の手順【簡単3ステップ】
  • おすすめのメタバースプラットフォーム7選

 

本記事の信頼性

筆者は日常的にメタバースに触れています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

FacebookがMetaに社名変更したことでメタバースが脚光を浴びています。この機会にメタバースに興味を持った方も多いのではないでしょうか。

 

一方で、「メタバースは流行らない」という意見があるのも事実。

 

そこで今回は普段からメタバースに触れている僕が、メタバースは流行らないが間違っている理由について解説します。

 

この記事を読むとメタバースが今後どのように広がっていくかがわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、メタバースを始めるにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

メタバースとは?

 

メタバースとは、簡単に説明すると「経済圏を持った仮想空間」です。

 

オンラインゲームのようにあるミッションをクリアする目的ではなく、ショッピングやイベント参加、友人とのコミュニケーションなど仮想空間内で実際の経済活動を行えることが特徴です。

 

そもそものメタバースの語源は、英語の「超(meta)」と「宇宙(universe)」から成り立つ言葉です。

 

アメリカのSF作家ニール・スティーヴンスンの小説「スノウ・クラッシュ (Snow Crash)」に登場する仮想空間として登場したのがきっかけです。

 

 

メタバースはFacebookやMicrosoftなど大企業が参入を表明しているため、今後数年の間に急速に普及すると見られています。

 

メタバースは流行らないが間違っている理由

 

メタバースは流行らないが間違っている理由は以下の3つです。

 

  1. メタバースに企業が参入
  2. リアルからオンラインへ生活様式がシフト
  3. NFTの流行
  4. gamefiの普及

 

順番に解説します。

 

①メタバースに企業が参入

 

FacebookがMetaに社名変更したように、大企業が続々とメタバースへ参入しています。

 

 

参入した企業の一部を挙げると以下のとおり。

 

  • スクウェア・エニックス
  • Nike
  • バンダイナムコ
  • ディズニー
  • adidas
  • GUCCI
  • Microsoft

 

このように誰もが知る大企業が次々にメタバースへの進出を表明しています。

 

参入の理由としてはやはりビジネスチャンスが大きいことが挙げられ、メタバースの市場規模は今後約115兆円にも上ると予測されています。

 

 

そのため、先陣を切った大企業の動きに追随し、他の企業の参入が加速すると見られています。

 

②リアルからオンラインへ生活様式がシフト

 

オンライン上でのコミュニケーションは既に浸透しつつあります。

 

リモートワークの普及などで、リアル→オンラインへ生活様式がシフトしているからです。

 

オンラインでバーチャル旅行を提供するサービスもあり、もはや自宅にいながらにしてあらゆる体験ができる時代になっています。

 

 

仕事もオンラインで完結できるようになったため、生活のほぼ全てがオンラインで対応可能です。

 

こうしたオンライン化の浸透がメタバース普及への土台となり、メタバースに触れる人が急速に増えていくと考えられます。

 

③NFTの流行

 

NFTの流行もメタバース普及への後押しとなります。

 

なぜなら、NFTとメタバースはそれぞれ相性が良いからです。

 

具体的には以下のような感じです。

 

  • 所有するNFTアートをメタバース上に展示
  • NFTファッションアイテムをアバターに着せる
  • メタバースの土地NFTを売買する

 

要はNFTを展示したり、操作・売買するプラットフォームとしてメタバースが利用されるということ。

 

メタバース上の土地価格も高騰しており、不動産としての資産価値があるため今後さらに需要が増すはずです。

>>【保存版】メタバースの土地を購入する方法を徹底解説

 

④gamefiの普及

 

gamefiの普及もメタバースの流行に影響しそうです。

 

Play to earn(プレイして稼ぐ)という言葉が誕生したように、ゲームで遊びながら仮想通貨を稼ぐ手法が浸透しつつあります。

 

東南アジアなどではgamefiで生活する人も増えており、その流れが全世界に波及していくでしょう。

 

gamefiの主なプラットフォームはメタバースになるため、gamefiの普及と共にメタバースの需要も高まるはずです。

>>GameFi(NFTゲーム)の始め方を徹底解説!おすすめのゲームも紹介!

 

メタバースの始め方・やり方の手順【簡単3ステップ】

 

メタバースの始め方は以下の3ステップです。

 

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設
  2. ビットコインとメタバース上の通貨を交換
  3. メタバースとウォレットを連携する

 

①暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設

 

メタバースを始める前の事前準備として、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座が必要になります。

 

メタバースで遊ぶ際にビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

 

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

 

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

 

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)の買い方は【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】を参考にしてください。

 

②暗号資産(仮想通貨)をメタバース上の通貨に交換

 

続いて、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をメタバース上の通貨に交換する必要があります。

 

 

上記は自分が使うメタバースによって変わってくるので、適宜ググりつつ進めてみてください。

 

③メタバースとウォレットを連携する

 

メタバースを使う際にはウォレットが必要になります。

 

ウォレットは簡単に言うと仮想通貨を保管する財布のようなものです。

 

財布とログイン機能も併せもっているので、メタバースを使う際にはウォレットが必須です。

 

ウォレットの代表各はMetamaskなので、ひとまずMetamaskをインストールして連携しておきましょう。

>>Metamaskをダウンロードする

 

Metamaskのインストールの方法については、MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

メタバースのおすすめプラットフォーム7選

 

メタバースのおすすめプラットフォームは以下の7つです。

 

  1. Cluster
  2. Axie Infinity
  3. Decentraland
  4. The Sandbox
  5. NFT DUEL
  6. VRChat
  7. NeosVR

 

①Cluster

cluster

 

まずはメタバースの代表格、Clusterです。

 

ユーザーが3Dアバターを選んでメタバース内に入り、公開されているワールドを探索したり、イベントやライブに参加したりできます。

 

 

どのメタバースを使うか迷ったら、ひとまずこのclusterを試してみるといいでしょう。

 

②Axie Infinity

axie01

 

Axie Infinityは、Axie(アクシー)というモンスターを育成する対戦型のゲームです。

 

 

アクシーやゲーム内の土地は全てNFTなのでマーケットプレイスで売買して収益を得ることができます。

 

NFTTOP
NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

続きを見る

 

ゲームをやり込んでいくと、より強いアクシーやレアなアイテムをGETできるようになり、効率的に収益を上げることができるようになります。

 

Axie Infinityは、初心者が始めても月に1~5万ほどは稼ぐことが可能です。初期費用は約2ヵ月程度で回収できるので、興味があるなら始めてみることをおすすめします。

 

AXIE_TOP
アクシーインフィニティ(Axie Infinity)とは?ゲームの始め方や仮想通貨の稼ぎ方を解説!

続きを見る

 

③Decentraland

mana

 

Decentralandは、ブロックチェーンを使ったメタバース空間で探索やゲームを楽しむことができます。

 

 

プラットフォーム内で動画や画像のコンテンツを作成してDecentralandのマーケットプレイスで売買可能です。

 

作成したコンテンツの価値が下落するのを防ぐ対策がとられており、安心して利用できます。

 

MANA_TOP
仮想通貨Decentraland(ディセントラランド)/Mana(マナ)とは?特徴や将来性、購入方法を解説!

続きを見る

 

④The Sandbox

sandbox

 

The Sandboxは、メタバース上に提供された複数のゲームから自分の好きなゲームを選んでプレイできます。

 

 

ゲーム内で入手したアイテムをマーケットプレイス内で売却して利益を得ることも可能です。

 

また、ゲーム内の土地の貸し出しなどで収入を得ることができ、現実世界と同じような資産運用が可能です。

 

adidasなどの大手企業ともコラボしており、今後さらに人気となる予感です。

 

 

sandboxについては以下の記事で詳しく紹介しています。

 

sandboxサムネ
仮想通貨SAND/The Sandboxとは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

⑤NFT DUEL

NFTDUEL

 

NFT DUELは、ユーザーが作成したアバターを操作してメタバース内でコミュニケーションをとり、他のユーザーとトレーディングカードバトルができるゲームです。

 

 

リリース日は2022年4~6月ごろを予定しており、アニメ・漫画・ゲームなどのトレーディングカードをNFTとして取引できます。

 

リリース以降は「XANALIA」にてカードが販売され、ユーザーはXANALIAやOpenSeaを利用してカードを売買することができるようになります。

 

⑥VRChat

VRchat

 

VR Chatは、VRゴーグルを使う体験型のVRプラットフォームです。

 

 

VRとSNSを両立させたプラットフォームであり、オリジナルのアバターを作成し他のユーザーと交流を図ることができます。

 

VR Chatはユーザーの動きをゲーム内のアバターに反映させ、ジェスチャーなどで意思表示することが可能です。

 

⑦NeosVR

NeosVR

 

NeosVRは、自由度の高いメタバース空間です。

 

 

VRで複数のユーザーが協力して作業をしたり、絵や動画などのデジタルデータをVRで共有したりできます。

 

ユーザーはアバターとしてお互いに対話できるため、密接なコミュニケーションを図ることができます。

 

メタバースは流行らないは間違い!早めに体験してみよう

 

今回は「メタバースは流行らない」が間違っている理由について解説しました。

 

メタバースはスマホアプリなどで簡単に始めることができます。

 

今回紹介したメタバースのプラットフォームを体験してみて、メタバースの世界に触れてみましょう。

 

なお、メタバースを始めるにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になります。

 

メタバースを体験してみたいという方は、アプリダウンロード数No.1のコインチェックで口座を無料開設してイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)を購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-Metaverse
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5