Metaverse

メタバースは個人で稼ぐビジネスチャンスである3つの理由【具体的な稼ぎ方も解説】

metaverse

 

悩んでいる人
メタバースが流行ってるからビジネスとして始めてみたいけど儲かるのかな?個人でもメタバースで稼げるのかどうかを知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • メタバースは個人で稼ぐビジネスチャンス
  • メタバースビジネスの事例
  • メタバースビジネスの始め方
  • メタバースビジネスの稼ぎ方
  • メタバースビジネスの学び方

 

本記事の信頼性

筆者は日頃からメタバースを利用しています。さらにメタバースの情報発信で月330万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

最近メタバースが注目を集めており、TV番組などでも取り上げられる機会が増えてきました。

メタバースの市場規模は1600兆円にも上ると見られており、大手企業が続々とメタバースに進出しています。

メタバース需要は今後急速に拡大する見込みであり、その波にうまく乗ることで個人でもがっつり稼げる可能性が高いです。

そこで今回は普段からメタバースを利用する僕が、メタバースは個人で稼ぐビジネスチャンスである理由を解説します。

メタバースの始め方や稼ぎ方も具体的に紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、メタバースを利用する際はイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめ口座が無料開設できるコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

【将来性あり】メタバースは個人で稼ぐビジネスチャンス

メタバースは個人で稼ぐ大きなチャンスです。理由は以下の3つ。

  1. 始めやすい
  2. 市場規模が1600兆円
  3. オンライン生活へのシフト

順番に説明します。

 

①始めやすい

メタバースビジネスは個人でも始めやすいことが特徴です。

Openseaなどのマーケットプレイスを利用することで、メタバースに必要となるNFTを簡単に売買できるからです。

出典:Dracoo master

例えば以下のようなメタバース関連のNFTをマーケットプレイスで取引可能です。

  • アバター
  • 土地
  • 建物
  • ファッションアイテム

上記の他にもイラストや音楽など、メタバース内に展示できるアートを作って売ることで収益を得ることが可能。

特にメタバース内の土地は不動産として価値が高く、The Sandbox内の土地をアディダスやGucciなどの企業が続々と購入しています。

メタバース内の土地は数万円から購入できるため、メタバースビジネスのきっかけとして個人で購入する人が増えています。

メタバース内の土地の買い方については、【保存版】メタバースの土地を購入する方法を徹底解説で具体的に解説しているので併せてご覧ください。

 

②市場規模が1600兆円

メタバースの市場規模は今後1600兆円に上ると見られています。

その巨大な市場のシェアを握るべく、既に大手企業が続々とメタバースに参入しています。

参入した企業の一部を挙げると以下のとおり。

  • スクウェア・エニックス
  • Nike
  • バンダイナムコ
  • ディズニー
  • adidas
  • GUCCI
  • Microsoft

このように誰もが知る大企業が次々にメタバースへの進出を表明しています。

今後も先陣を切った大企業の動きに追随し、他の企業の参入が加速すると見られています。

企業が参入するということは儲かる可能性が高いということであり、個人もその波にうまく乗ることで稼げます。

 

③オンラインへ生活様式がシフト

オンライン上でのコミュニケーションは既に浸透しつつあります。

リモートワークの普及などで、リアル→オンラインへ生活様式がシフトしているからです。

仕事もオンラインで完結できるようになったため、生活のほぼ全てがオンラインで対応可能です。

>>【結論あり】メタバース内で仕事をすることのメリット・デメリットを解説

こうしたオンライン化の浸透がメタバース普及への土台となり、メタバースに触れる人が急速に増えていくと考えられます。

メタバースを利用することが当たり前になり、メタバース関連の需要が急増するはずです。

 

メタバースビジネスの事例

メタバースビジネスの事例は以下のとおり。

  1. オンラインゲーム
  2. バーチャルショップ
  3. バーチャル会議
  4. バーチャルマーケット
  5. バーチャルフェス

順番に解説します。

 

①オンラインゲーム

メタバースを活用したオンラインゲームが数多くリリースされています。

こうしたゲームはNFTゲームやブロックチェーンゲームなどと呼ばれ、ゲームをプレイしながら報酬が得られる「Play to Earn」が特徴です。

代表的なゲームは以下のとおり。

  • The Sandbox
  • Decentraland
  • Titan Hunters

ゲーム内のキャラクターや土地、アイテムなどが全てNFT化されており、マーケットプレイスで売買可能です。

sandboxトップ

出典:The Sandbox

自分で育てたキャラクターや獲得したレアなアイテムを売却することで利益を得ることができます。

ゲーム内の土地を取得し、建物を建てたり賃貸することで不動産収入を得ることも可能です。

>>NFT不動産投資とは?始め方とメリット・デメリットを解説【おすすめメタバースも紹介】

 

②バーチャルショップ

バーチャルショップとは、3D技術を使って作られたメタバース内のショップのことです。

自宅にいながらにして、実際の店舗のようにショッピングを楽しむことができます。

出典:REV WORLDS

実際の店頭スタイリスト(販売員)もCG化されているため、オンライン接客も可能です。

バーチャルショップは実店舗のように販売エリアが限定されないため、ユーザーは世界中のどこからでも24時間買い物をすることができます。

 

③バーチャル会議

メタバース内で仕事をするためのツールとして、バーチャル会議システムが多く開発されています。

企業でも良く利用されている「Horizon Workrooms」はMeta社が2021年9月に発表したVRを利用したバーチャル会議ソフトです。

Horizon Workroomsでは各自が作成したアバターを使って、会議に参加します。

VR空間の中に自分のPC画面を表示させることもでき、1つの画面を共有したり、ホワイトボードを使ってディスカッションが行えます。

さながら、現実世界で行われる会議そのものです。

その他にもVRchatやClusterなどのメタバースプラットフォームを利用してビジネスを行うことが可能です。

 

④バーチャルマーケット

バーチャルマーケットは株式会社HIKKYが主催する大規模なメタバース×VRイベントです。

来場者が会場内を散策し、ショッピングなどが自由にできるバーチャル上のフェスといった感じです。

直近では2021年12月4日~19日まで開催され、来場者数も100万人を超えるなど大盛況。

出展企業も高島屋、ローソン、ドコモなどを始め多くの企業が参加しています。

このように、企業が参入していることからもメタバースへの注目度の高さがうかがえます。

 

⑤バーチャルフェス

サンリオが2021年12月11日~12日にかけてバーチャルフェス「SANRIO Virtual Fes in Sanrio Puroland」を開催しています。

 

内容としては、バーチャルのサンリオピューロランド内のステージにアーティストやサンリオキャラクターらが登場するフェスです。

サンリオファンのみならずメタバース初心者でも参加可能な、誰もが楽しめるメタバースイベントです。

サンリオの人気キャラクターが実際に歌う姿が見られるとあり、数多くの来場者数が訪れたようです。

 

メタバースビジネスの始め方

それでは、メタバースビジネスの始め方を具体的に解説していきます。

メタバースビジネスの始め方は以下のとおりです。

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設
  2. ビットコインとメタバース上の通貨を交換
  3. メタバースとウォレットを連携する
  4. メタバース内でビジネスを行う

順番に解説します。

 

①暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設

メタバースを始める前の事前準備として、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座が必要になります。

メタバースで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②暗号資産(仮想通貨)をメタバース上の通貨に交換

続いて、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をメタバース上の通貨に交換する必要があります。

上記は自分が使うメタバースによって変わってくるので、適宜ググりつつ進めてみてください。

 

③メタバースとウォレットを連携する

メタバースを使う際にはウォレットが必要になります。

ウォレットは簡単に言うと仮想通貨を保管する財布のようなものです。

財布とログイン機能も併せもっているので、メタバースを使う際にはウォレットが必須です。

ウォレットの代表各はMetamaskなので、ひとまずMetamaskをインストールして連携しておきましょう。

Metamaskのインストール手順については、MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

④メタバース内でビジネスを行う

あとはメタバース内でアバター作成やNFT売買、不動産取引などのビジネスを行いましょう。

おすすめのメタバースプラットフォームは以下のとおり。

  1. Cluster
  2. Axie Infinity
  3. Decentraland
  4. The Sandbox
  5. NFT DUEL
  6. VRChat
  7. NeosVR

最初はユーザー数が多く、無料で使えるThe Sandboxなどを使ってみるといいでしょう。

 

メタバースビジネスの稼ぎ方

続いて、メタバースビジネスの稼ぎ方について解説します。

メタバースでお金を稼ぐ方法は以下の8つ。

  1. ゲームを作って報酬を得る
  2. NFTアートを売買する
  3. ゲームをプレイして報酬を得る
  4. メタバース内の土地を売買する
  5. アバターを作成して販売する
  6. メタバース関連銘柄に投資する
  7. メタバース用のアイテムをデザインする
  8. メタバース内で接客する

順番に説明します。

 

①ゲームを作って報酬を得る

メタバース内のゲームを作成して、報酬を得ることができます。

メタバースによっては自作のゲームを公開し、プレイ料金などをもらうことができます。

公開しておけばメタバースのユーザーが遊びにきてくれるので、自分で集客をする必要がありません。

ゲーム開発用ツールなども用意されているので、専門知識が無くても開発可能です。

 

②NFTアートを売買する

NFTアートを売買して利益を得ることができます。

メタバース内にはNFTマーケットプレイスが併設されているので、他のユーザーとNFTアートを売買することが可能です。

自分の持つNFTアートが買った価格より値上がりしていれば、売却益が得られます。NFTアートの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しています。

さらに、自分がクリエイターとなってNFTアートを作成し販売することもできます。NFTアートの始め方については、【保存版】NFTアートを始めるための完全ロードマップ【20記事で解説】で詳しく解説しています。

NFTは二次流通した場合でもクリエイターに報酬が入ってくるので、継続的な収入源として期待できるかもしれません。

 

③ゲームをプレイして報酬を得る

メタバースゲームをプレイして報酬を得ることもできます。

例えば、以下のメタバースはゲームをプレイして稼げることで有名です。

  • Axie infinity
  • Decentraland
  • Sandbox

特にAxie infinityは稼げるゲームとして有名で、海外ではAxie infinityの報酬で生活する人も現れています。Axie infinityの始め方については、【スマホ版】Axie Infinityを始める方法を解説(iPhone・android)で詳しく解説しています。

 

④メタバース内の土地を売買する

メタバース内の土地は不動産として売買可能です。

以下のようにOpenseaなどで土地が売られており、需要と供給に応じて価格が変動します。

sanbox_sell-min

そのため、「安く買って高く売る」ということが可能となります。

ただ、購入もイーサリアムなどの仮想通貨で行うため、その仮想通貨自体の価格にも左右されるため購入するタイミングに注意が必要です。

>>【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

現在は仮想通貨全般が下落トレンドで価格が下がっているため、メタバースの土地の買い時と言えます。

安く買った土地が将来的に値上がりした時に売ることで、売却益を得ることができます。

メタバースの土地を買う方法については、【保存版】メタバースの土地を購入する方法を徹底解説で詳しく解説しています。

 

⑤アバターを作成して販売する

メタバースのアバターを作成して販売することもできます。

メタバース内ではアバターを操作するので、センスの良いアバターが欲しいという人がたくさんいます。

ただ、自分で顔や服装などを組み合わせてセンス良く仕上げるのはなかなか難しいんですよね。

そこでセンスがいいアバターを代行作成することで、そうした悩みを解決し、さらに収益を得ることもできます。

 

⑥メタバース関連銘柄に投資する

メタバース関連銘柄への投資で稼ぐこともできます。

株や仮想通貨の中にはメタバース関連銘柄が数多くあるので、それらに投資することで間接的にメタバースの恩恵を得ることができます。

具体的には以下のとおり。

 

メタバース関連仮想通貨

  1. SAND
  2. MANA
  3. ENJIN
  4. SLP

 

メタバース関連株

  1. Meta
  2. Nvidia
  3. Microsoft
  4. ソニー
  5. KDDI

このあたりに投資しておくと、将来メタバースが普及した際に値上がりが期待できます。

メタバース関連銘柄については、メタバースへ投資する方法とは?関連する暗号資産・株・ゲームをまとめて紹介で具体的に紹介しているので参考にしてください。

特に、メタバース銘柄の株式や仮想通貨は将来有望なものが多いので、それぞれの口座は早めに開設しておきましょう。

メンテナンスで利用できない時間があったりするので、複数登録しておくと安心です。

おすすめの取引所と証券会社は以下のとおり。口座開設はもちろん無料です。

 

仮想通貨取引所

 

証券会社

 

⑦メタバース用のアイテムをデザインする

メタバース用のアイテムをデザインして稼ぐこともできます。

具体的には以下のようなものになります。

  • 建物
  • 洋服
  • アクセサリー

メタバース内の建造物や、アバターが着用する洋服やアクセサリーをデザインして販売することで利益が得られます。

メタバースが普及するとかっこいい家に住んだり、おしゃれな洋服をアバターに着せたいというニーズが生まれます。

デザインのスキルがあれば、そうしたニーズをうまく汲み取ってビジネス化することも可能でしょう。

 

⑧メタバース内で接客する

メタバース内で接客することで給料をもらうやり方もあります。

メタバース内のアバターを操作して、現実と変わらない接客が可能だからです。

実際にメタバースで働く求人もあり、「メタジョブ」ではデジタルワーク(拡張テレワーク)に特化した求人を掲載しています。

自分は自宅にいながら、アバターを通じて接客をして給料をもらうという働き方が増えるかもしれません。

 

メタバースビジネスの学び方

メタバースビジネスの学び方は以下のとおり。

  1. メタバースに関する本を読む
  2. NFTを取引してみる
  3. Gamefiで稼いでみる
  4. メタバース関連銘柄に投資する

順番に解説します。

 

①メタバースに関する本を読む

まずは読書でメタバースに関する基本的な知識を得ておきましょう。

最初は「メタバースとは何ぞや?」というチンプンカンプンな状態なので、体系的にまとめられた本を読むことで概要を理解できます。

メタバースを学ぶためのおすすめの本は以下の3冊。

この中から1冊でもいいので読んでおくと、サクッとメタバースのことがわかるようになります。

どれも1000円前後なので、ランチ一回分で今後の世界的なトレンドを把握できるので安い投資かと。

 

②NFTを取引してみる

メタバースと相性がいいNFT取引も経験しておくとベターです。

メタバース内のキャラクターやアイテム、土地などはNFT化されてるのが普通です。

なので、NFT取引を経験しておくと、メタバース内での取引もスムーズにできるはずです。

まずは以下の本をどれでもいいので1冊読んで、サクッとNFTの基礎知識を仕入れておきましょう。

読み終えたら、実際にOpenseaで1,000円くらいの手頃なNFTを購入してみましょう。

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているので参考にしてください。

自分でNFTを出品してみたい!という方は、【無料あり】NFTアートを作るおすすめアプリ5選【初心者向け】を読むとスムーズかと。

 

③Gamefiで稼いでみる

Gamefiで稼いでみるのもおすすめです。

GamefiとはGame+Financeの造語であり、ゲームで稼ぐという意味。

GamefiにはPlay to EarnやMove to Earnがあり、PCやスマホでプレイするだけで仮想通貨を稼ぐことができます。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

>>Move to Earnとは?特徴や始め方、おすすめゲームを徹底解説

Gamefiアプリは将来的にメタバース進出を予定しているものが多く、独自のメタバース内で経済圏を作ることが主流になると予想されています。

Play to Earnゲームは初期費用がかかるものが多いですが、大体1ヵ月程度で原資回収できるケースが多いです。

中にはSweatcoinAgletのように無料で始められるものもあるので、サクッと始めてみましょう。

おすすめのゲームや始め方については、それぞれ以下の記事で紹介しているので良さげなものを選べばOKです。

>>GameFi(NFTゲーム)の始め方を徹底解説!おすすめのゲームも紹介!

 

④メタバース関連銘柄に投資する

メタバース関連銘柄に投資するのも勉強になります。

メタバースに関連する株や仮想通貨等は今後の将来性が期待されているものが多く、値上がりが期待できるからです。

関連銘柄へ投資して価格推移を体験することで、メタバース需要を体感的に把握することが可能です。

さらに、保有銘柄の価値が上がれば利益を得ることもできるので一石二鳥かと。

メタバース関連銘柄については、以下の記事で具体的に紹介しているので参考にしてください。

>>メタバースへ投資する方法とは?関連する暗号資産・株・ゲームをまとめて紹介

 

メタバースビジネスは個人で稼ぐチャンス!早めに始めてみよう

以上、メタバースは個人で稼ぐビジネスチャンスということを解説しました。

メタバースはまだ始まったばかりの技術なので、今から参入しておくことで先行者利益を得ることができます。

悩んでいる間にブームはアッという間に過ぎてしまうので、ぐずぐずしているとせっかく得られるはずだった利益を逃してしまいます。

少しでもメタバースビジネスに興味があるのなら、この記事を読んでモチベーションが上がっている今のうちに行動すべき。

まずは、アプリが使いやすいコインチェックで口座を無料開設して、メタバースでの取引用に入金を済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-Metaverse
-, ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5