NFT

NFTを始める時の初期費用はいくらかかる?手数料・ガス代を徹底解説

 

悩んでいる人
NFTを始めてみたいけど初期費用ってどのくらいかかるんだろう?初期費用の具体的な金額を知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTを購入する時の初期費用
  • NFTを販売する時の初期費用
  • NFTを転売する時の初期費用
  • NFTゲームを始める時の初期費用
  • NFTの初期費用を安く抑えるコツ

 

本記事の信頼性

筆者は実際にOpenseaでNFTアートを販売し、完売しています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中であり、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近NFTがTVなどで特集され、NFT売買を始める人が増えてきました。

NFTを始める際には初期費用が必要になりますが、どのくらいの金額なのか気になりますよね。

そこで今回はNFTを始める時の初期費用や、ガス代を節約する方法を解説します。

これからNFT取引を始めたいという方は、ぜひ最後までご覧ください。

>>NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説

 

なお、NFT取引にはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

NFTを購入する時の初期費用

Openseaでガス代がかかる取引

 

NFTを購入する時の初期費用は5,000~20,000円程度です。内訳としては以下のとおり。

  1. 取引所からメタマスクへの送金(2,000~3,000円)
  2. NFT本体の価格(1,000~10,000円)
  3. NFT購入時のガス代(2,000~8,000円)

それぞれ解説します。

 

①取引所からメタマスクへの送金

NFT購入のためには取引所からMetamaskなどのウォレットへ仮想通貨を送金する必要があります。

NFT売買ではイーサリアムがよく使われており、イーサリアムの送金手数料として0.005ETH(約3,000円)程度必要です。

Metamaskの使い方については、MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

②NFT本体の価格

NFT本体の価格が1,000~10,000円程度かかります。

NFT作品によって価格にばらつきがありますが、安いものは1,000円ほどで購入することができます。

僕が手掛けるCryptomanNFTも初期は0.001ETH(400円)で購入可能で、一時流通は完売しました。

最初はお試しで3,000円以内のNFTを購入してみるといいでしょう。

 

③NFT購入時のガス代

NFTを購入する際に手数料としてガス代がかかります。

たとえば、Openseaでは購入時の手数料として0.005〜0.02ETH(2,000円~8,000円)程度かかります。

>>OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

場合によってはNFT本体よりもガス代が高くなるケースもあるので注意が必要です。

ガス代がかかるタイミングなどについては、【保存版】OpenSeaでガス代が発生する取引まとめ【安くする方法アリ】で詳しく解説しています。

 

NFTを販売する時の初期費用

 

NFTを販売する時の初期費用は10,000円~20,000円程度です。内訳は以下のとおり。

  1. 取引所からメタマスクへの送金(2,000~3,000円)
  2. 初回出品のガス代(5,000円~15,000円)
  3. 売上手数料(300~1,000円)

順番に解説します。

 

①取引所からメタマスクへの送金

NFT販売のためには取引所からMetamaskなどのウォレットへ仮想通貨を送金する必要があります。

NFT売買ではイーサリアムがよく使われており、イーサリアムの送金手数料として0.005ETH(約3,000円)程度必要です。

 

②初回出品のガス代

NFTの初回出品時のガス代として、5,000円~15,000円ほどかかります。

このガス代は初回出品時にしかかからないので、2回目以降の出品時にはガス代は不要です。

 

③売上手数料

Opneseaを使う場合、NFTが売れた際の売上手数料として2.5%の手数料がかかります。

もし10,000円のNFTが売れたら、250円の手数料が差し引かれます。

売上手数料については、マーケットプレイスによっても違うので自分が使いたいマーケットプレイスの手数料を確認しておきましょう。

 

NFTを転売する時の初期費用

 

NFTを転売する時の初期費用は10,000円~20,000円程度です。基本的には販売時とほぼ同じで内訳は以下のとおり。

  1. 取引所からメタマスクへの送金(2,000~3,000円)
  2. NFT本体の価格(1,000~15,000円)
  3. 売上手数料(300~1,000円)

順番に解説します。

 

①取引所からメタマスクへの送金

NFT転売のためには取引所からMetamaskなどのウォレットへ仮想通貨を送金する必要があります。

NFT売買ではイーサリアムがよく使われており、イーサリアムの送金手数料として0.005ETH(約3,000円)程度必要です。

 

②NFT購入代金

NFT本体の価格が1,000~15,000円程度かかります。

NFT作品によって価格にばらつきがありますが、安いものは1,000円ほどで購入することができます。

 

③売上手数料

Opneseaを使う場合、NFTが売れた際の売上手数料として2.5%の手数料がかかります。

もし10,000円のNFTが売れたら、250円の手数料が差し引かれます。

売上手数料については、マーケットプレイスによっても違うので自分が使いたいマーケットプレイスの手数料を確認しておきましょう。

おすすめマーケットプレイスについては、【徹底比較】おすすめNFTマーケットプレイス5選!選び方のコツも紹介で紹介しています。

NFT転売のコツについては、【2022年】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

NFTゲームを始める時の初期費用

 

NFTゲームを始める際の初期費用は7万円~15万円程度です。

NFTゲームは稼ぎにくくなっている傾向があり、その辺の現状については【必見】NFTゲームはもう稼げない?現状や稼ぐコツを徹底解説で解説しています。

例えば、Axie Infinityの場合、アクシーというキャラクターを購入するのに7〜10万円程度の初期費用が必要です。

>>【スマホ版】Axie Infinityを始める方法を解説(iPhone・android)

 

現在大人気のSTEPNもNFTスニーカーの購入代金として15万円ほどが必要になります。ただ、STEPNについては僕自身も1.5ヵ月ほどで原資回収できたのでおすすめです。始め方については以下の記事で詳しく解説しています。

>>【簡単】STEPN(ステップン)の始め方・やり方を画像付きで徹底解説

 

無料のゲームもある

最近NEXT STEPNとして「Sweatcoin」が爆発的な人気を誇っています。

無料で始められてSTEPNと併用できるのでさらに稼ぐことが可能。

Sweatcoinの始め方については、歩くだけで仮想通貨が貯まるアプリSweatcoinとは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説でわかりやすく解説しているので、参考にしてください。

Sweatcoin
【上場済】Sweatcoin(スウェットコイン)とは?始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説

続きを見る

 

NFTの初期費用を安く抑えるコツ

 

NFTの初期費用を安くする方法は以下のとおり。

 

  1. ETHのガス代が安い時に取引する
  2. Polygon作品を取引する

 

①ETHのガス代が安い時に取引する

ETHはガス代が常に変動しているので、安いタイミングで取引することでガス代を節約できます。

先述のガス代確認サイトで安いタイミングを確認してもいいですし、以下のようなMetamaskのガス代承認画面で5分ほど待っているとガス代が安くなることがあります。

gasETH

安いタイミングで承認することでガス代を節約できます。

 

②Polygon作品を取引する

Polygon作品を中心に取引することでガス代が節約できます。

Polygonであれば出品や購入のガス代は無料になるからです。

ETHと比較して取引高が少ないというデメリットはありますが、ガス代を抑えてNFTに触れたいという方はPolygonがおすすめです。

 

まとめ:NFTの初期費用を把握したら取引してみよう

 

今回はNFTを始める時の初期費用について解説しました。

まとめると以下が初期費用として必要となります。

  • NFT購入時:0.5~2万円
  • NFT販売時:1~2万円
  • NFT転売時:1~2万円
  • NFTゲーム開始時:7~15万円

NFTはまだ発展途上にあるので、今から始めることで先行者利益を得られる可能性が高いです。

この記事を読んだ人の100人中95人はページを閉じて終わりです。残りの行動した5人しかその恩恵を得ることはできません。

迷っている時間が勿体ないので、少しでも興味があるならNFTに触れてみましょう。以下の参考記事を読むと行動しやすいはず。

繰り返しですが、NFTを売買するためにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になります。

初心者でもアプリが使いやすいコインチェックで口座を無料開設してイーサリアムを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5