NFT

TRACER(トレーサー)とは?始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説

TRACER

 

悩んでいる人
TRACER(トレーサー)というゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?TRACER(トレーサー)の特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • TRACER(トレーサー)の概要
  • TRACER(トレーサー)の特徴
  • TRACER(トレーサー)のゲーム内容
  • TRACER(トレーサー)の始め方
  • TRACER(トレーサー)の稼ぎ方
  • TRACER(トレーサー)の将来性
  • TRACER(トレーサー)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Move to Earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月300万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、歩くことで仮想通貨が稼げるMove to Earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「TRACER(トレーサー)」です。

今回は日頃からMove to Earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、TRACERの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでTRACERの始め方がわかるので、ゲームで遊びながら稼げるようになるはずです。

なお、TRACERを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

TRACERを始める事前準備として少額の1円から購入できるビットフライヤーに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

TRACER(トレーサー)の概要

TRACER

ゲーム名 TRACER(トレーサー)
対応言語 英語・韓国語
対応機種 iPhone・android
トークン TRC・HLT
ブロックチェーン NEAR
公式サイト TRACER公式サイト

TRACERは運動することでTRCトークンが獲得できるMove to earnゲームです。

NEARチェーンを利用して開発されており、歩く・走るなどの運動をすることで稼ぐことができます。

>>仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)とは?特徴や将来性、購入方法を解説

獲得したTRCはスニーカーの購入やリペア、新たなスニーカーのMINT等に使用できます。

TRACERは「持続可能性」を重視することで、ユーザーが健康になりながら継続して収益を獲得できるエコシステムを構築することを目的としています。

 

TRACER(トレーサー)の特徴

TRACERの特徴は以下のとおり。

  1. ブロックチェーンにNEARを採用
  2. 2種類のトークンを採用
  3. NFTが売買可能
  4. 無料で始められる
  5. 他のアプリと併用可

順番に説明します。

 

①ブロックチェーンにNEARを採用

TRACERはNEARチェーンを使用して開発されています。

NEARはNEAR Foundationが開発したスマートコントラクトを利用できるプラットフォームであり、dApps(分散型アプリ)開発の分野などで使われることを想定しています。

>>仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)とは?特徴や将来性、購入方法を解説

TRACERはNEARを採用した初の「NFTベース」M2Eアプリであり、NEAR Foundationから正式に支援を受けています。

NEARはイーサリアムよりもスケーラビリティ問題(処理遅延・手数料高騰)が発生しにくいため、高速・低価格で取引をすることができます。

TRACERではNFTスニーカーを取引する機会が多いので、低コスト・高速処理のNEARを活用することによってユーザーはストレスなく取引が可能です。

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

②2種類のトークンを採用

TRACERは2種類のトークンを採用しています。

TRACER内で使えるトークンは以下の2つ。

  • TRC
  • HLT

 

TRC

TRCはユーティリティトークンです。

獲得方法は以下のとおりです。

  • 移動して稼ぐ
  • 広告を見る
  • ラッキーボックスで入手
  • ティアプロモーションで入手

使用用途は以下のとおり。

  • アプリ内取引手数料
  • 靴の製造費用
  • 靴のパーツのアップグレード費用
  • 靴の修理費用
  • 靴の破損費用
  • アクセサリーを装着費用
  • アクセサリーをアップグレード費用
  • マジックスプレーを購入費用
  • チャレンジモード参加費用
  • くじ引きモード参加費用
  • チームバトルモード参加費用

ゲーム内のあらゆるプレイでTRCが必要となります。

 

HLT

HLTはガバナンストークンであり、総供給量は5,000,000,000に設定されています。

HLTの保有者は、TRACERの未来を形作る重要な意思決定に参加し、投票することができます。

トークンの一部は、エコシステム、チーム、アドバイザー、投資家等に割り当てられる予定です。

HLTトークンは今後ローンチパッドや各取引所に上場される予定です。

 

③NFTが売買可能

ユーザーはNFTをアプリ内のマーケットプレイスで売買可能です。

TRACER内のスニーカーやその他のアイテムは全てNFT化されており、ユーザー同士で自由に売買することができます。

レベルの高いスニーカーやレアリティの高いアイテムは高値で取引されており、自分で育てたスニーカーを売却して利益を得ることができます。

NFT転売で利益を出すコツについては、【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

④無料で始められる

TRACERは無料で始めることができます。

通常のMove to Earnゲームは最初にスニーカーなどのNFTアイテムを購入する必要があり、STEPNなどではその初期費用のせいで始められないユーザーも数多くいました。

>>STEPNの初期費用はいくら?原資回収までの日数も紹介

その点、TRACERは無料で始めることができ、トークンを稼ぐことも可能です。

そのため、誰でも気軽に始めることができ、自分に合った運動で健康になりながらトークンを貯めることができます。

その他の無料でプレイできるNFTゲームについては、【初期費用0円】無料で遊べるおすすめNFTゲーム7選で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑤他のアプリと併用可

TRACERは他のMove to earn系アプリと同時使用できます。

例えばSTEPNやSweatcoinなどと同時起動しておけば、今までと同じように歩くだけでそれぞれのゲームトークンを獲得できます。

>>【簡単】STEPN(ステップン)スニーカーの買い方・購入方法を画像付きで徹底解説

>>歩くだけで仮想通貨が貯まるアプリSweatcoinとは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説

このように系統が似ているMove to EarnゲームとTRACERを同時にプレイすることで、トークンの獲得効率がさらに効率的になります。

その他、同時起動におすすめなMove to Earnゲームについては、Move to Earnとは?特徴や始め方、おすすめゲームを徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

TRACER(トレーサー)のゲーム内容

TRACERのゲーム内容について見ていきましょう。

  1. 靴パーツ
  2. アクセサリー
  3. マジックスプレー
  4. マーケットプレイス
  5. ティアシステム
  6. ゲームモード
  7. ヘルスケア基金

順番に解説します。

 

①靴パーツ

靴パーツはNFT化されたアイテムであり、TRACERの原点です。

ユーザーは4つの靴パーツNFTを靴NFTに装着することで、TRCが獲得できるようになります。

靴パーツを追加したい場合は、TRACERで定期的に開催されるシューパーツNFTの抽選会「T-Raffle」に参加することで獲得可能。

靴のパーツは以下の4種類です。

  • 靴ひも
  • 本体
  • 靴底
  • ギア

NFTを1つ作るには、各靴パーツを1つずつ用意する必要があり、パーツごとに靴の特性に関係しています。

靴パーツ 特性 内容
靴ひも Efficiency TRCの獲得効率に影響
ギア Luck ラッキーボックスの取得率に影響
本体 Magic LPを多く獲得可能
靴底 Resilience 耐久性の減衰が遅くなる

 

クオリティ

各靴のパーツは、コモン、アンコモン、レア、エピック、レジェンドの5つのクオリティが設置されています。

品質によって、初期ステータスとアップグレード時の増加量が決定されます。

クオリティ ステータス最小値 ステータス最大値
Common 1 3
Uncommon 2 6
Rare 4 12
Epic 8 24
Legendary 16 48

 

 

レベルアップ

靴を保有して走ると、靴のパーツはスパークの使用量に比例してXPを獲得できます。XPが貯まると、TRCを消費して靴パーツのステータスをアップグレードすることができます。

必要なXPはアップグレードするごとに増加します。レベルや品質が高い靴パーツほど、アップグレードに必要なTRCの量が多くなります。

品質が高い靴パーツは、アップグレードすることでより多くのステータスを得ることができます。靴パーツのアップグレードは、シューズに組み込んでいるときのみ可能です。

クオリティ ステータス増加最小値 ステータス増加最大値
Common 0.4 1.6
Uncommon 0.8 2.2
Rare 1.2 2.8
Epic 1.6 3.4
Legendary 2.0 4.0

 

シューズ製造

TRCを燃焼させることで、4つの靴パーツから靴NFTを構築することができます。

靴を作るのに必要なTRCの量は、靴パーツのレベルの合計に比例します。

Lv0の4つの靴パーツから靴を作る場合、TRCは必要ありません。

4つのシューズパーツが、作られるシューズのデザインを決定します。

 

②靴

靴NFTは、4つの靴パーツNFTから構成されるNFTです。

ユーザーは靴のNFTを履いてTRCを獲得することができます。靴NFTは、後で元の靴パーツNFTに分解することも可能です。

 

速度範囲

これまMove to Earnゲームのシューズには、それぞれ最適な速度範囲が設定されていることがふつうでした。

しかし、これではユーザーがより健康的な状態でランニングをすることができないと、TRACERチームは考えています。

ユーザーは常に画面を見ながら走らなければならず、状況によっては危険な状態になる可能性もあります。

そこで、TRACERはヘルスケアを重視していることもあり、各スニーカーの対応速度を統一。

どのシューズも、時速1~20kmの範囲で同じ速度範囲を実現しています。

TRCの効率が最適(または最大)になるのは、スポーツ医学の論文で最も「健康的なランニングペース」と評価されている時速5~13kmの範囲です。

 

スパーク

スパークは、TRCを獲得するために必要なリソースです。

靴には最大で10個のスパークを入れることができます。

移動中にスパークを消費することで、TRCとLPを獲得することができます。

1分間移動するごとに1スパーク消費され、6時間ごとに2.5スパークが補充され、10スパークになります。

 

耐久性

耐久性は、靴の状態を表しています。

新しく作られた靴の耐久性は100から始まり、スパークを消費するたびに低下します。

高い弾力性を持つソールで作られた靴は、耐久性の減衰に強くなります。

TRCを燃やすことで、靴の耐久性を回復することができます。耐久度が低いとTRCの獲得効率が低下するのでので、靴の手入れはしっかり行いましょう。

耐久度が60/100になると、TRCの報酬が20%減少します。

耐久度が20/100になると、TRCの報酬が80%減少します。

 

分解

TRCを消費することで、靴のNFTを4つの元の靴のパーツに分解することができます。

靴を作るために必要なTRCの量は、4つの靴のパーツのレベルの合計に比例します。

靴を分解する際は耐久度を100に修復する必要があります。

 

③アクセサリー

アクセサリーは靴に装着することで、TRCを消費してステータスを強化することができます。

アクセサリーは、各シューズパーツのステータスに対応した4種類が存在します。

  • E(効率)
  • L(運)
  • M(魔力)
  • R(回復力)


4つのパーツから靴を作ると、ランダムな種類のアクセサリスロットが4つ割り当てられます。

アクセサリNFTは同じ種類のアクセサリスロットに装着することができます。

レベルが高いアクセサリは、靴のステータスをより強化します。TRCを消費することでより上位のアクセサリを入手することが可能。

アクセサリーレベル ステータス強化% 成功率 失敗率
1 5% 90% 1%
2 15% 85% 2%
3 25% 80% 3%
4 35% 75% 4%
5 45% 70% 5%
6 55% 65% 6%
7 65% 60% 7%
8 75% 55% 8%
9 85% 50% 9%
10 100% 45% 10%
11 120% 40% 11%
12 150% 35% 12%
13 200% 30% 13%
14 300% 25% 14%
15 400% 20% 15%

 

④マジックスプレー

ジックスプレーは、靴のパーツを永久的に強化する消耗品です。

マジックスプレーはラッキーボックスの中に入っているか、マーケットプレイスで購入することができます。

アップグレードの確率やステータスの向上は、マジックスプレーの品質によって異なります。

欠陥のあるマジックスプレーは靴のパーツのステータスを3~7%悪化させることがあるので、注意が必要です。

 

⑤マーケットプレイス

マーケットプレイスではTRACERで使用するNFTアイテムを販売・購入することができます。

取引可能なNFTは以下のとおり。

  • シューズパーツ
  • シューズ
  • アクセサリー

靴を売却する際は、耐久度を100に修理しておく必要があります。

 

⑥ティアシステム

TRACERのティアシステムは、全ユーザーを対象とした自動ランク付けシステムです。

 

ティア

すべてのユーザーは毎週、最低から最高までランク付けされた以下のティアグループに割り当てられます。

  • ブロンズ
  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ダイヤモンド

各ユーザーのティアは、各ティアグループのリーダーボード内での相対順位により、毎週変動します。

各ティアには代表的な色があり、TRACERアプリのマップビューでNFTシューズの画像の円周上に色の付いた階層の輪が描かれます。また、あなたの近くにいる他のユーザーのティアが表示されることもあります。

各ティアには、それぞれのティアに適した会員特典があります。会員特典には以下のようなものがあります。

  • 保険料割引特典
  • プライベート交流会への独占招待
  • プライベートαの情報共有
  • オフラインのランニング/マラソンイベントへのご招待
  • グローバルパーティー・イベントへのご招待
  • ファッション関連イベントへのご招待
  • リアルワールドのシューズやマーチが当たる抽選会
  • スペシャルエディションNFTのドロップ
  • デザイナーズNFTスキンドロップ

 

リーダーボード

1つのティアには20人のユーザーからなる複数のグループがあり、各グループにリーダーボードが存在します。

すべてのユーザーは同じティアに属する、同じ時間にその週のLPを獲得した20人のランダムな参加者からなるグループに振り分けられます。

各ティアにはまだ20人の参加者がいない、参加可能なグループが常に1つ存在します。グループに参加していないユーザーがLPを獲得すると、そのユーザーは自動的にそのティアのオープンランクに参加することになります。

参加者が20人になると、そのグループは閉鎖され、新たに空のグループがオープングループとなります。

毎週末に各グループのリーダーボードの上位にいるユーザーは、上位のティアに進み、$TRCを獲得することができます。

  • ブロンズ:上位10名が進級し、各ユーザーは1TRCを獲得
  • シルバー:トップ8進出、各ユーザーは2TRCを獲得
  • ゴールド:トップ4のアドバンス、各ユーザーは3TRCを獲得
  • プラチナ:上位3つのアドバンス、各ユーザーは4TRCを獲得
  • ダイヤモンド:該当なし

 

⑦ゲームモード

TRACERのゲームモードは主に2種類が用意されています。

  • チャレンジモード
  • 宝くじモード

 

チャレンジモード

チャレンジモードは、$TRCを賭けて毎日の散歩に挑戦し、成功すると報酬が獲得でき、失敗すると掛け金が失われるモードです。

参加者は10日間連続でチャレンジ目標を達成する必要があります。

1日の目標距離は、10日間連続で毎日2.5km/5km/10km/20kmと様々です。

参加したいチャレンジを選択することができ、毎日、UTCの00:00に開始されるチャレンジが常に用意されています。

参加者全員がいくら$TRCを賭けるかを自由に選択でき、各チャレンジはベット期間である7日間に渡って参加者を募ります。

チャレンジモードでは、同じ距離、同じ開始日を選択した他のユーザーと競い合うことができます。

高いベット額でより多くの利益を得ることができます。

 

宝くじモード

宝くじモードは、運しだいで多くの$TRCを獲得できるモードです。

宝くじモードに参加したユーザーは、通常の$TRC収益の90%を獲得することができます。

残りの収益(10%)は、宝くじリザーブプールに蓄積されます。

毎週月曜日0:00 UTCに、5人の当選者は全体の宝くじ準備プールの50%を共有し、宝くじ準備プールの50%がバーンされます。

 

⑧ヘルスケア基金

TRACERで生まれた収益は、現実の世界での健康増進のために配分されます。

TRACER's Healthcare Fundによって現実世界でのグローバルな健康プログラムをサポートします。

つまり、ユーザーは運動によって健康になると同時に、長期的には人類全体がより健康になるよう支援することになります。

HLTのホルダーがガバナンスに参加し、TRACERのビジョンを最もよく達成するグローバルヘルス組織に資金を付与します。

 

TRACER(トレーサー)の始め方

TRACERの始め方は以下のとおりです。

  1. ビットフライヤーで口座開設
  2. ビットフライヤーでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでNEARを購入する
  6. アプリをダウンロード
  7. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①ビットフライヤーで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はビットフライヤーをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を1円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

②ビットフライヤーでイーサリアムを購入する

ビットフライヤーで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

ゲームを始める際に必要となるNFT購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムを購入するためには、まずはビットフライヤーに日本円を入金します。

ホーム画面の「入出金」→「入金」で日本円を入金できます。

bitflyer

入金方法には「銀行振込」、「ネット銀行振込」、「コンビニ入金」の3つから選択可能です。

ビットフライヤーに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所」→「ETH/JPY」→「買う」を選択して購入できます。

bitflyer_eth

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はビットフライヤーを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

ビットフライヤーで「入出金」→「イーサリアム」→「アドレスを登録する」を選択します。

bitflyer_address

案内メールが来るので、URLをクリック。

bitflyer_mail

ラベルとBINANCEのイーサリアムアドレスを入力して「次へ」をクリック。

bitflyer_address2

アドレス所有者「お客様本人」、送付先「海外取引所」を選択しチェックを入れ「追加する」をクリック。

bitflyer_address3

BINANCEのアドレスが登録されたので、送りたいイーサリアムの金額を記入して、「送付する」を押せば送金完了です。

bitflyer_address4

イーサリアムの送金には2分〜5分かかりますので、しばらく待ってBINANCEにイーサリアムが入金されたことを確認しましょう。

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでNEARを購入する

続いて、BINANCEでゲームに必要となる仮想通貨を購入します。

まずはNEARが必要になるので、NEARを購入しておきます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

⑥アプリをダウンロードする

続いて、TRACERのアプリをダウンロードしてウォレットを設定します。

ウォレットが設定できたらBINANCEからNEARを送金しておきましょう。

なお、現在は開発中のためローンチを待ちましょう。

 

⑦NFTを購入する

ウォレットへの送金が完了したらアプリ内のマーケットプレイスでNFTシューズを購入します。

あとは歩いたり走ったりすることで、運動時間に応じたトークンが獲得できます。

 

TRACER(トレーサー)の稼ぎ方

TRACERの稼ぎ方は以下の3つです。

  1. 運動して稼ぐ
  2. NFTで稼ぐ
  3. 紹介で稼ぐ

順番に解説します。

 

①運動して稼ぐ

まずは基本となる運動して稼ぐ方法です。

購入したNFTスニーカーを装着した状態で歩いたり走ったりすることでトークンが獲得できます。

NFTスニーカーにはレベルとレアリティが設定されており、高レベル・高レアリティの方がTRCをより多く獲得することができます。

 

②NFTで稼ぐ

NFTを売買して稼ぐことも可能です。

TRACERのNFTスニーカーなどのNFTアイテムはマーケットプレイスで購入することができ、レベルやレアリティによって価格が異なります。

レベルが上がるほどNFTの価格が高価になり、より多くのTRCを獲得できるようになります。

 

③紹介で稼ぐ

紹介で稼ぐこともできます。

紹介コードを友人に送り、その友人がNFTスニーカーを保有して運動を始めると、TRCを獲得できます。

 

TRACER(トレーサー)の将来性

TRACERの将来性についても見ていきましょう。

  1. ロードマップが明確
  2. Move to Earnの普及
  3. メタバースへの進出
  4. 多数の企業と提携

順番に解説します。

 

①ロードマップが明確

TRACERはロードマップを明確に示しています。

2023年Q1までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2022.Q3

  • マーケットプレイスローンチ
  • β版アプリローンチ
  • ティアシステムローンチ

 

2022.Q4

  • 土地売買ゲームローンチ
  • チャレンジモード始動
  • マルチチェーンウォレット対応
  • ブロンドとのコラボ
  • IDO・IEO

 

2023.Q1

  • 業績システムローンチ
  • チーム協力モード開始
  • ソーシャルイベント開催
  • 宝くじモード開始
  • クエストモード開始

 

トークン上場やブランドとのコラボなどを予定しており、ゲームの楽しみ方が増えそうです。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

②Move to Earnの普及

今後Move to earnゲームは仮想通貨に関心が無い一般人の間にまで普及していくと考えられています。

STEPNが爆発的な人気を獲得したことにより、Move to Earnが現実的に可能であることが証明されたからです。

>>STEPN攻略!効率的に稼ぐためのコツ7選【始め方も解説】

このTRACERをはじめ、calo runやRunbloxなどの多数の類似ゲームがリリースされ、実際に多くのユーザーが運動をしながら報酬を得ています。

>>Calo Run(カロラン)とは?特徴や始め方、稼ぎ方を徹底解説

>>RunBlox(ランブロックス/仮想通貨RUX)とは?特徴や始め方、将来性を徹底解説

Move to earnゲーム人気に後押しされ、TRACERも今後多くのユーザーに支持される可能性が高いです。

 

③メタバースへの進出

TRACERでは将来的にメタバースへ進出することを計画しています。

メタバースへの進出により、プレイヤーは自分の土地を購入したり、レース会場を購入したり、自分だけのカスタマイズした練習場などを作ることができるようになります。

さらに、メタバースの市場規模は1.600兆円に上ると見られており、そうしたメタバース需要の後押しによりTRACERのユーザー数が増える見込みです。

メタバースの始め方については、【初心者向け】メタバースのやり方を解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているのでよかったら併せてご覧ください。

 

④多数の企業と提携

TRACERは既に多数の企業と提携を果たしています。

NEARやKLAY DICEなどと提携しており、TRACERの将来性の高さが評価されていることがわかります。

今後さらに提携先が増える可能性もあり、TRACERのユーザー数の後押しとなるかもしれません。

 

TRACER(トレーサー)に関するよくある質問

最後にTRACERに関するよくある質問に答えます。

  1. TRACERはスマホで遊べるの?
  2. TRACERは他のアプリと同時使用できる?
  3. TRACERはレンタル機能を利用できるの?
  4. TRACERの開発チームは公開されてるの?

順番に回答します。

 

①TRACERはスマホで遊べるの?

はい、スマホで遊べます。

現在開発中ですがiOSとAndoroid対応のアプリがリリース予定であり、インストールするだけでOKです。

その他のスマホで遊べるブロックチェーンゲームについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】スマホで遊べるブロックチェーンゲーム人気ランキング10選【稼ぎ方も解説】

 

②TRACERは他のアプリと同時使用できる?

はい、同時使用できます。

Move to Earnゲームは同時使用可能なものが多いため、併用することでそれぞれのゲームのトークンを獲得できます。

TRACERとの併用がおすすめなMove to Earnゲームは以下のとおり。

いずれもスマホで同時起動できるので効率的にトークンを獲得できます。

 

③TRACERはレンタル機能を利用できるの?

今のところレンタルの予定はありません。

ただ、今後の開発状況によって対応する可能性があるので、公式サイトやTwitterで情報を追っておきましょう。

 

④TRACERの開発チームは公開されてるの?

はい、公式サイトで公開されています。

主要メンバーは以下のとおり。

  • Jacob:Project Lead
  • Jack:Product Designer
  • Neo:Full-stack Engineer
  • Jake:Frontend Engineer
  • Conner:Frontend Engineer

このようにメンバーの氏名とポジションが公開されているので、安心して利用できます。

 

まとめ:TRACER(トレーサー)は将来性に期待できる

今回はTRACERの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

TRACERはMove to Earnゲームの人気に後押しされ、今後多くのユーザーを獲得する可能性があります。

TRACERはスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、TRACERを始めるためにはNFTを購入する必要があり、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

NFTの購入に必要な仮想通貨をスムーズに買うためにも、今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるビットフライヤーです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して少額の10,000円くらいを入金しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , , , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5