CRYPTO

Web3.0銘柄おすすめ15選!選び方や今後の将来性も徹底解説

 

悩んでいる人
Web3.0おすすめ銘柄を知りたい。具体的なWeb3.0銘柄や選び方、将来性なども教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Web 3.0の概要
  • Web 3.0の特徴
  • Web3.0銘柄の選び方
  • Web3.0銘柄おすすめ15選
  • Web3.0銘柄の購入におすすめの取引所3選
  • Web3.0銘柄の将来性
  • Web3.0銘柄の注意点
  • Web3.0銘柄に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0関連の情報発信ブログを運営しており、最高月330万ほど収益を得ています。その経験を基に本記事を作成しています。

 

Web3.0関連の銘柄は今後の値上がりが期待できるため、注目を集めています。

今回はWeb3.0の発信で月100万以上の収益を得ているぼくが、具体的なWeb3.0関連銘柄や選び方などを具体的に解説します。

この記事を読むとWeb3.0関連銘柄がわかるので、今のうちから先行投資できるようになります。

なお、Web3.0銘柄の購入は国内最大手の取引所であるコインチェックがおすすめです。

アプリで初心者でも簡単に仮想通貨を購入できるので、この機会に仮想通貨を始めてみましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

もくじ

①Web 3.0の概要

そもそもWeb3.0とはなんなのでしょうか。

Web3.0はアプリやプラットフォームの名称ではなく、ネット環境の時代を表す概念的な呼称です。

現在はWeb2.0の状態であり徐々にWeb3.0が始まっているのです。

それでは、Web1.0の時代から順番に解説します。

 

①Web 1.0

Web 1.0はダイヤルアップの時代です。

Web1.0の時代は、インターネットに接続するには電話回線を使う必要がありました。

そのため、インターネットを利用している間は電話が使えなかったのです。(携帯電話もあまり普及していなかったため)

インターネットへの接続は不便であったものの、それまで新聞やテレビでしか情報を発信できなかった一部の企業だけではなく、さまざまな企業や個人もインターネットを通してホームページを持つことが可能になりました。

このことが、インターネットが普及した事による最大の恩恵であるといえます。

しかしホームページは存在しますが、ユーザー間の交流はなく、ユーザーは一方的に閲覧するだけの時代でした。

そして、ISDNやADSLなど、電話回線を使用しながらネットに繋げるようになり、通信速度も向上することで加速的にインターネットの文化が広がって行きます。

 

②Web 2.0

現在のWeb2.0の時代は相互交流、SNSの時代だといわれています。

ネットユーザー同士のコミュニケーションが盛んに行われるようになりました。

それまでPCからでしかインターネットをまともに使えなかったのが、スマホが登場したことにより飛躍的にインターネットを利用するユーザーが増加したのです。

また、インターネット回線も3Gから4Gになることで、YouTubeやニコニコ動画のような動画配信サービスも普及しました。

今やインターネットやSNSは社会にとって不可欠な存在となっています。

しかし、Web2.0には問題があります。

それは、中央集権化とプライバシーの問題です。

一部の企業が個人情報を独占してしまうと、この企業に問題があった場合、個人情報の流出などのプライバシーを守れない状況が起きてしまいます。

ニュースでも、企業からの個人情報の流出がたびたびf起こっていると報じられています。

こうした企業の中央集権化と個人のプライバシー問題を解決するために、ブロックチェーン技術を使うことで、新しいインターネットの世界を作るとなったのがWeb3.0の始まりです。

 

③Web 3.0

Web3.0はWeb2.0で問題視されていた、巨大企業に独占されていた個人情報をブロックチェーン技術により分散化を目指す時代です。

GAFAMに代表される巨大企業に個人情報が独占され、サービスを利用するたびにマージンを搾取される現状を脱却すべく、ブロックチェーンを利用したさまざまなプロジェクトが進行しています。

ブロックチェーン技術とは、インターネット上の取引データを適切に記録し、取り扱う技術のことです。

ブロックチェーン技術を例えるなら、全員が同じ通帳をもち、取引記録がすべての通帳に同時に記録されていくと想定します。

そして改ざんや複製、不正アクセスが行われた場合、他のユーザーのもつ情報と違ったものになるため、すぐに不正がバレてしまうのです。

ユーザー同士が互いに情報をチェックし合うことで情報に信頼性が生まれ、中央集権的な企業を通すことがなくても個人間の取引が可能になります。

Web3.0の始め方については、【超初心者向け】Web3.0の始め方・やり方、稼ぎ方を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

②Web 3.0の特徴

Web3.0の特徴を一部ご紹介します。

  1. ログインに個人情報の入力が不要
  2. 企業や国家に規制されなくなる
  3. クリエイターエコノミーの発展

順番に解説します。

 

①ログインに個人情報の入力が不要

Web3.0時代のブロックチェーンを利用するサービスは、基本的に個人情報を提供する必要がありません。

個人が仮想通貨ウォレットのアドレスを持ち、ウォレットとサービスを連携することでそのサービスを利用できます。

そのため、個人情報を提供しなくてもサービスを利用できることになり、個人のプライバシーが守られるのです。

個人のプライバシーを守るために、中央集権的企業に提供しないという流れは今後もどんどん拡大していくと考えられます。

 

②企業や国家に規制されなくなる

ブロックチェーン技術を使えば、銀行などの企業を通すことなく世界中どこにいる人にも直接仮想通貨を送れます。

また、銀行のサーバーがダウンしてしまったらお金を引き出せなくなったり、ハッキングでお金を盗まれたりすリスクも回避できるのです。

また、企業がサービスを停止したら、これまで利用してきたサービス内のデータはすべて削除されてしまう可能性もあります。

アプリに大量に課金したのに、アプリのサービスが終了してしまえばすべてが水の泡です。

そのような悲劇はWeb3.0の世界には存在しないのです。

 

③クリエイターエコノミーの発展

クリエイターエコノミーとは、YouTuberやインスタグラマーなどの個人クリエイターが、自身のスキルによって収益化を行う経済圏のことです。

現在のクリエイターたちは、個人のスキルで収益を得ているといっても、YouTubeやインスタグラムによって手数料を徴収されているのです。

Web3.0時代は、クリエイターが直接ファンと繋がり、直接収益をあげる仕組みが構築されていきます。

現在、すでにOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで、アーティストがファンから直接収益を得られるシステムが存在します。

>>OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

今後よりクリエイターが企業に縛られず、自由に活躍できる場所が数多く作られることでしょう。

 

Web3.0銘柄の選び方

仮想通貨

Web3.0銘柄の選び方は以下のとおり。

  1. 用途や目的が明確
  2. 信頼性が高い
  3. 多くの企業が出資している
  4. 公式サイトで情報発信をしている
  5. ロードマップが明確
  6. 優れた技術を持つ

順番に解説します。

 

①用途や目的が明確

仮想通貨の公式サイトなどで目的や用途を確認しましょう。

開発の用途や目的が明確でないと普及する可能性が低いためです。

その仮想通貨名でググってみて目的がすぐにヒットするようであればひとまず大丈夫でしょう。

検索してもなかなか用途・目的にたどり着けないような銘柄は避けるべきです。

というのも、仮想通貨は日々新たな銘柄が開発されているため、技術的に劣っている銘柄は購入されずに消えていきます。

逆に用途・目的が明確であれば様々なプロジェクトやサービスに導入されるため、需要が増して購入者が増えるので価格が上昇します。

 

②信頼性が高い

仮想通貨の信頼性も重視すべき点です。

仮想通貨は、数字上の法定通貨のように中央政府や金融機関が管理しているわけではありません。そのため、信頼性の高い仮想通貨の選び方については、いくつかの点を検討することが重要です。

まず、仮想通貨プロジェクトの背景や目的をよく調べましょう。そのプロジェクトが健全であるか、適切なビジネスモデルを持っているか、実現可能な目標を持っているかなどを確認しましょう。

また、プロジェクトのチームやコミュニティも調べることで、プロジェクトがしっかりとした基盤を持っているかを判断することができます。

次に、仮想通貨の取引量や市場の流動性を確認しましょう。信頼性の高い仮想通貨は、取引量が多く、市場が活発であることが多いでしょう。

これらの指標は、仮想通貨取引所などで公開されていることが多いため、簡単に確認することができます。

また、仮想通貨はハッキングや詐欺などの脅威にさらされる可能性があります。

そのため、仮想通貨のセキュリティについても注意が必要です。仮想通貨の取引所やウォレットを利用する際は、そのサービスプロバイダがセキュリティに優れていることを確認しましょう。

仮想通貨市場はまだまだ新しい領域ですが、上記のようにしっかりと情報を収集し、精査することで信頼性の高い仮想通貨を選ぶことができます。

 

③多くの企業が出資している

多くの企業が出資していれば、信頼性が高いと判断できます。

なぜなら、将来性があると判断された仮想通貨にしか出資はされないため、第三者的な視点から信頼性が高いと評価されているからです。

大手VCや金融機関からの融資を受けている銘柄はそれだけ将来性が高く、信頼できると言えるでしょう。

例えば、イーサリアムなどはMicrosoftやトヨタ自動車からの出資を受けており、時価総額2位にまで上昇しています。

企業による出資をきっかけに価格が上昇する傾向にあるので、企業の出資に関するニュースはチェックしておくといいでしょう。

 

④公式サイトで情報発信をしている

公式サイトで情報発信をしている銘柄も将来有望と言えます。

仮想通貨の公式サイトでは以下のような情報が公開されています。

  • 創設者や開発チーム
  • 開発のビジョンや目標
  • ロードマップ
  • 利用ユーザー数
  • 提携企業
  • 最新の開発状況

このように、その銘柄に関するあらゆる情報が公式サイトで公開されています。

そのため、仮想通貨の公式サイトを見ることで今後の将来性や実用性の有無をある程度判断することが可能です。

もし、公式サイトが用意されていなければ開発目標や現在の進捗状況などが一切わからないため、購入されることはまずありません。

投資家にとってはその銘柄に関する情報をより多く入手したいため、その手段のひとつとして公式サイトの有無が重要になってきます。

そのため、購入を検討している銘柄がある場合は公式サイトを一度確認しておくと良いでしょう。

 

⑤ロードマップが明確

ロードマップが明確であることも将来性を図るうえで重要な要素のひとつです。

仮想通貨のロードマップとは、仮想通貨プロジェクトが将来どのような発展を見込んでいるかをまとめたものです。

ロードマップは、プロジェクトのビジョンやミッション、そして達成するための計画や目標を明確に示しています。

仮想通貨のロードマップは、プロジェクトの資金調達や開発のタイムライン、新機能やサービスの提供などを記載していることが多いです。

また、ロードマップには、プロジェクトのチームやコミュニティがどのような目標を達成するために取り組んでいるかが記されていることもあります。

ロードマップは、仮想通貨プロジェクトが公開している場合が多いです。そのため、プロジェクトの歩みや進捗状況を確認することができます。

また、ロードマップを確認することで、プロジェクトがどのような目標を持っているかを理解することができるため、プロジェクトの長期的な価値を判断する上でも役立ちます。

 

⑥優れた技術を持つ

他の銘柄と比較して優れた技術を持つかどうかも重要です。

2022年11月現在で仮想通貨の数は約20,000に上るとも言われています。

数多くの銘柄の中で選ばれるためには、他の銘柄には無い優れた技術を保有している必要があります。

ありきたりな機能だけでは選ばれる要素が無いため、淘汰される可能性が高くなるからです。

例えば、以下のような特徴を持つ銘柄は需要が高いと言えるかと。

  • 取引処理が高速
  • 手数料が格安
  • 安全性が高い
  • 異なるブロックチェーンを接続できる

このように、特筆すべき技術を持っているかどうかで今後の価格上昇の可能性を推測することができます。

 

Web3.0銘柄オススメ10選

Web 3.0関連のおすすめ銘柄は以下のとおり。

  1. Ethereum(イーサリアム)
  2. DOT(ポルカドット)
  3. Jasmy(ジャスミー)
  4. DEP(ディープコイン)
  5. IOST(アイオーエスティー)
  6. ENJ(エンジンコイン)
  7. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  8. XLM(ステラルーメン)
  9. DOT(ポルカドット)
  10. ATOM(コスモス)
  11. Polygon(ポリゴン)
  12. AVAX(アバランチ)
  13. SOL(ソラナ)
  14. BNB(バイナンスコイン)
  15. CHZ(チリーズ)

それぞれ解説します。

 

①Ethereum(イーサリアム)

ETHTOP

出典:https://ethereum.org/ja/

 

Ethereum(イーサリアム)は今後のWeb3.0において間違いなく中心的存在になる仮想通貨です。

イーサリアム(ETH)logo
【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

世に出回っている仮想通貨や、DiFi、dAppsの大半がイーサリアムの規格を基準に作られています。

そのため、イーサリアムプラットフォームで使用される仮想通貨ETH(イーサ)はさまざまなプラットフォームで利用されることが考えられるのです。

ETHは現在、利用者数が増加したことによる取引速度の遅延や手数料の高騰というスケーラビリティ問題を抱えています。

しかし、今年6月にEthereum2.0(またはSerenity)という大きなアップデートが発表されています。

Ethereum2.0へのアップデートが完了すれば、スケーラビリティ問題は解決し、より多くのユーザーがETHを利用することになり、需要はますます増加するでしょう。

イーサリアムはコインチェックで500円から購入できるので、サクッと口座を無料開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

②DOT(ポルカドット)

出典:https://polkadot.network/ja/

 

DOT(ポルカドット)はまさにWeb3.0の世界を実現するために開発されたプロジェクトです。

ポルカドットロゴ
【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴、将来性などを解説

続きを見る

イーサリアムの共同創設者ギャビン・ウッド氏も参加している、スイスのWeb3.0財団が開発・運営をしています。

現在、イーサリアムとビットコインなどの異なるブロックチェーン技術の通貨を交換しようと思うと、取引所にコインを預けてコインを交換する必要があります。

これは取引所という中央集権組織を利用しているため、真の分散化がなされているとはいえない状況です。

ポルカドットを利用すれば、異なるブロックチェーン通貨を繋げることが可能で、完全に分散型が実現できたWeb3.0の世界を作ることができます。

そのほかにもイーサリアムに代表されるスケーラビリティ問題の解決や、セキュリティの高さが特徴です。

今後のWeb3.0を作っていく上で最重要のプロジェクトなので、ポルカドットのブロックチェーン上で使われるDOTは今後も価格の上昇が見込まれます。

国内のコインチェックでも購入が可能なので、今のうちに購入しておいた方がよいかもしれません。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

③Jasmy(ジャスミー)

出典:https://www.jasmy.co.jp/

 

Jasmy(ジャスミー)はIoT技術とブロックチェーン技術を繋ぐプラットフォーム「ジャスミーIoTプラットフォーム」を提供しているプロジェクトです。

jasmy_TOP
仮想通貨Jasmy(JMY/ジャスミー)とは?特徴や将来性、購入方法を解説!

続きを見る

また、企業の目標として「データの民主化」を掲げています。

情報を独占する企業たちに個人情報が集中し、安全だと信じていた個人情報がサイバー攻撃や人為的な管理ミスにより簡単に流出していく事態が発生しています。

株式会社ジャスミーは、個人のもつべきデータを再び本来もつべき個人の手に戻し、安心安全な状態で分散管理する「データの民主化」を目的としているのです。

まさにJasmyは、Web3.0の掲げる中央集権からの脱却を目標としているプロジェクトです。

今後、IoT産業は拡大していくことが予想されており、それに伴い、膨大な量の個人情報が利用されていくことになると考えられます。

その際にはJasmyが大いに活躍してくれることでしょう。

仮想通貨Jasmyは国内の仮想通貨取引所ではBITPointでのみ取り扱いがあります。

口座開設でお得なキャンペーンも行われているので、この機会に口座開設しましょう。

 

\ 出来高ランキングNo.1/

BITpoint公式サイト

 

④DEP(ディープコイン)

出典:https://dea.sg/

 

DEP(ディープコイン)はDEA(Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.)が提供するNFT、GameFi関連のプラットフォーム"PlayMining"で利用できる仮想通貨です。

PlayMiningは2022年2月現在全世界100カ国、230万人を超えるユーザーを有しています。

GameFiとは、GameとDeFiを組み合わせた言葉で、ゲームをすることで仮想通貨が稼げるというWeb3.0の中でも重要なプロジェクトです。

DEPが使えるゲームは現在、

  • Lucky FarmerJobTribes
  • PlayMining Puzzle × JobTribes

があり、これからも新しいゲームが追加されていく予定です。

また、PlayMiningでプレイできるゲーム内で利用できるNFTはNFT Marketplace by DEPで購入が可能です。

DEP(ディープコイン)は、国内の仮想通貨取引所ではBITPointだけで取り扱われています。

現在、新規口座解説でDEPがもらえるキャンペーンが行われているので、口座解説がまだの方はDEPをもらうためだけでも開設しておきましょう。

 

\ 出来高ランキングNo.1/

BITpoint公式サイト

 

⑤IOST(アイオーエスティー)

IOST①

IOSTとは、次世代のコンセンサスアルゴリズムである「POB(Proof of Believability)」を採用した分散型ブロックチェーンネットワークです。

IOSTは2018年1月に非営利財団であるIOST財団によってローンチされました。正式名称は Internet of service tokenの頭文字をとってIOSTと名付けられました。

PoBを採用したことにより、高速な処理能力と非中央集権性が高いのが特徴です。

もともと海外取引所でしか取り扱いがありませんでしたが、国内取引所のコインチェックが取り扱いを開始し、気軽に購入できるようになりました。

IOSTの買い方については、仮想通貨IOSTとは?今後の予想や将来性を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

国内取引所ではコインチェックで購入可能なので、早めに無料で口座開設をしておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

⑥SAND(サンドボックス)

SANDはThe Sandboxというボクセルアートを使ったブロックチェーンゲームで使われる仮想通貨です。

The Sandboxは、ブロックチェーン上に存在するゲーム空間であるため、ユーザーがゲーム内でのポイントを仮想通貨で受け取ったり、アイテムを他のユーザーと売買することが可能です。

ちなみに、The Sandboxは「サンドボックスゲーム」と呼ばれるジャンルのゲームで2012年からシリーズ化されています。

The Sandboxの始め方については、The Sandbox(ザ・サンドボックス)の始め方と遊び方【収益化の方法も解説】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

また、The Sandboxではゲームのリリース前に以下の方法で資金調達を行っています。

  • ゲーム内の土地(LAND)を安く販売
  • ゲーム内通貨のSANDを仮想通貨取引所に上場

こうしたことが話題を呼び、多くの企業や投資家の注目を集めSANDの価格高騰につながりました。

特にLANDはメタバースの普及が後押しとなり、adidasなどの大企業も続々と購入したため、急騰しています。

>>【保存版】メタバースの土地を購入する方法を徹底解説

SANDの買い方については、仮想通貨SAND/The Sandboxとは?概要や特徴、将来性を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

国内取引所ではコインチェックで買えるので、この機会に1,000円分程度の少額を試しに購入してみるのも良いかと。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

⑦BAT(ベーシックアテンショントークン)

batTOP

BATWebブラウザ「brave」上で利用されるトークンのことで、正式名称は「Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)」です。

デフォルトで広告がブロックされる仕様のブラウザ「Brave」をユーザーが使い、広告を見ることを選択すると報酬としてBATをもらえます。

BATのもらい方については、YouTube広告が多すぎて邪魔!広告を消して快適に視聴する方法3選で詳しく解説しています。

BATは、2017年5月にBrave Software, Inc. によって作られ、イーサリアムブロックチェーン上のトークンとして発行されています。

日本ではまだ認知度が低い状況ですが、Braveユーザーが急速に増加しているため、認知度があがることによりさらなる価格上昇が見込まれます。

BATの買い方については、仮想通貨ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?概要・特徴を解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

国内取引所ではコインチェックで買えるので、この機会にサクッと500円分程度の少額を試しに購入してみるのも良いかと。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

⑧XLM(ステラルーメン)

ステラルーメン

ステラルーメンはステラネットワークで使われる仮想通貨です。

ステラルーメンの母体であるステラネットワークは暗号資産(仮想通貨)の取引を高速で行えるプラットフォームの名称で、2014年7月にローンチされました。暗号資産リップル(XRP)をベースに開発されています。

ステラルーメンの開発は、Stellar Development Foundation(SDF:ステラ・ディベロップメント・ファンデーション)という非営利団体によって行われています。

従来の国際送金システムは、高額な手数料と決済に時間がかかるという問題を抱えています。

ステラネットワークは、デジタル資産の取引を高速かつ安価で行うことを目指して開発されています。

手数料を安価にすることで、主に経済的な理由から銀行口座を持つことができない人々に対して、少額決済サービスを提供することを目的としています。

ステラルーメンの買い方については、【仮想通貨】ステラルーメン(XLM)とは?特徴や将来性を解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

国内取引所ではコインチェックで買えるので、少額を試しに購入すると将来利益が出るかもです。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

⑨DOT(ポルカドット)

ポルカドットロゴ

ポルカドット(DOT)は、イーサリアムの共同創設者であるGavin Wood博士を中心に設立された、公平かつユーザー主導の分散型ウェブ(Web3.0)の構築を目指す団体、Web3 Foundationが開発するブロックチェーンプロジェクトです。

プライベートチェーン、コンソーシアムチェーン、パブリックネットワーク、パーミッションレスネットワーク、オラクルといった新技術を活用して相互運用性を高めるために構築されています。

複数のブロックチェーンを1つのネットワークに統合して接続する次世代のブロックチェーンプロトコルとしての機能を持つポルカドットは、1秒間に数千回のトランザクション処理が可能であり、「イーサリアムキラー」とも呼ばれています。

ポルカドットの買い方については、【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴、将来性などを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

国内取引所ではコインチェックで買えるので、この機会にサクッと500円分程度の少額を試しに購入してみるのも良いかと。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

⑩ATOM(コスモス)

Cosmos(ATOM)ロゴ

暗号資産(仮想通貨)Cosmos(ATOM)はTendermint Inc.によって開発された暗号資産(仮想通貨)です。

プラットフォームをCosmosと呼び、そこで使用される独自トークンがATOMです。

Cosmos(ATOM)のコンセンサスアルゴリズムはPoS(プルーフオブステーク)を使用しており、ブロック生成時間は1~3秒と高速です。

Cosmos(ATOM)は異なるブロックチェーン同士をつなげて相互運用するシステムの構築を目指しており、Cosmos(ATOM)独自のブロックチェーン技術に注目が集まっています。

コスモスの買い方については、仮想通貨Cosmos(ATOM)とは?概要や特徴、将来性を解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑪Polygon(ポリゴン)

PolygonTOP

ポリゴン(Polygon)は、2017年にイーサリアムのスケーラビリティ問題の解決を目指して開始されたプロジェクトです。イーサリアムについては、【初心者向け】イーサリアムとは?特徴や仕組み・購入方法を解説で詳しく解説しています。

ブロックチェーンコミュニティで活動していたJaynti Kanani氏、Sandeep Nailwal氏、Anurag Arjun氏の3名からスタートし、後にMihailo Bjelic氏が加わっています。メインネットローンチは2020年6月で、設立当初はマティック(Matic)という名称でしたが、2021年2月にポリゴン(Polygon)に名称を変更しました。

Polygonは過去にバイナンスの「Binance Launchpad」で資金調達を行い、その将来性の高さから560万ドル(約6億円)の調達に成功しています。

BinanceTOP
BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

スケーラビリティ問題の解決の本命と目されることもあり、Polygonはこの1年で価格が急上昇しています。

Polygonチャート

このように、プロジェクトの順調な推移を背景に価格もこの1年で20倍以上に上がっています。

polygonの買い方については、仮想通貨Polygon(Matic)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑫AVAX(アバランチ)

Avalanchelogo

Avalancheとは、イーサリアムのスケーラビリティ問題(処理遅延、手数料の高騰)を解消するべく開発された仮想通貨です。

管理者が不要である非中央集権的な仮想通貨でありながら、圧倒的な速度のトランザクションスピード(1秒あたり6500件)を誇っています。

Avalancheはイーサリアムと同様にスマートコントラクトやDApps(分散型アプリケーション)、DeFiのプラットフォームとして利用されており、仮に大量のプロジェクトが一気にAvalancheに参加しても稼働に影響は無いと言われています。

こうした背景からAvalancheは「イーサリアムキラー」と呼ばれています。

多くのプロジェクトではトランザクション(送金などの処理)の処理スピードの遅延が問題となっています。

たとえば、仮想通貨とクレジットカードの1秒間の処理速度を比較すると以下のとおり。

  • ビットコイン:3~7件
  • リップル:1500件
  • VISAカード:4,000件

この処理速度の遅さは2021年現在でも普及していない理由のひとつです。

仮想通貨が決済手段としての実用性を兼ね備えることで、一気に利用者が増えて普及するはずです。

こうした普及を阻害する要因となっているスケーラビリティ問題を完全に解決するというのがAvalancheの目的です。

Avalancheの買い方については、仮想通貨Avalanche(アバランチ/AVAX)とは?特徴や将来性について解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑬SOL(ソラナ)

ソラナロゴ

Solana(ソラナ)は、新世代のシステムを採用することで圧倒的な性能を持つブロックチェーンを開発するためのオープンソースのプロジェクトのことです。

Solana(ソラナ)のプロジェクトは、仮想通貨分野で最近注目を集めている分散型金融(Defi)を軸として発足しました。

プロジェクト自体は2017年から開始されており、2020年3月から Solana Foundation(ソラナ財団)によって、明確に「Solana(ソラナ)」のプロジェクトとして立ち上げられました。

オープンソースのプロジェクトですが、ソラナ財団が最大発行枚数の4分の1に相当する量のソル(SOL)を保有しているため、実権はソラナ財団が握っています。

SOLチェーンは様々なNFTゲームやNFTマーケットプレイスで利用されており、需要が増加しています。

SOLの買い方については、仮想通貨SOL/Solanaとは?概要・特徴や今後の将来性などを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑭BNB(バイナンスコイン)

BNBロゴ

バイナンスコインは、世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスが発行する仮想通貨です。

2017年に行われたICOでローンチされました。バイナンスコインはイーサリアム・ネットワーク上を活用して「ERC20トークン」として発行されており、総発行枚数は2億枚です。

2021年4月時点での時価総額は約8.5兆円で、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)に次いで世界3位の規模を誇る通貨です。取引所が発行する独自トークンとしては突出した人気を集めています。

ビットコインについて詳しく知りたい方は【初心者向け】ビットコインの基礎知識について解説【利益200万】をご覧ください。イーサリアムについては【初心者向け】イーサリアムとは?特徴や仕組み・購入方法を解説で詳しく解説しています。

バイナンスコインの大きな特徴の1つとしては、バイナンスで基軸通貨として様々な取引に利用可能という点が挙げられます。基軸通貨とは、取引所で取り扱う各銘柄と交換することができる仮想通貨のことです。

多くの取引所ではビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETC)などが基軸通貨として使えますが、バイナンスではこれらに加えてバイナンスコイン(BNB)も基軸通貨として使えるので、ユーザーの利便性が向上しています。

おすすめの取引所については、【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】で詳しく解説しています。

BNBの買い方については、【仮想通貨】バイナンスコイン(BNB)とは?特徴・将来性などをわかりやすく解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑮CHZ(チリーズ)

チリーズ(CHZ)ロゴ

チリーズ(Chiliz/CHZ)とは、暗号資産やブロックチェーン技術を用いてスポーツクラブとファンを結びつける取り組みを行う仮想通貨プロジェクト・トークン名です。

ファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」や、スポーツクラブの公式ファントークンを売買できる取引所「Chiliz Exchange(Chiliz.net)」などのサービスを提供し、独自のエコシステムを構築しています。

サッカー・バスケットボール・格闘技・eスポーツなどの主要なスポーツクラブと提携拡大しているChilizは、それらのスポーツクラブの独自仮想通貨である「公式ファントークン」発行をサポートしており、仮想通貨CHZはそれらの公式ファントークンの売買にも使用できます。

チリーズの買い方については、仮想通貨チリーズ(Chiliz/CHZ)とは?特徴や将来性、購入方法を解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

Web3.0銘柄の購入におすすめの取引所3選

Web3.0銘柄の購入におすすめの取引所を3つご紹介します。

  1. コインチェック
  2. ビットフライヤー
  3. GMOコイン

それぞれの特徴を解説します。

 

①コインチェック

取扱通貨 BTC、XRP、ETH等
手数料 取引所:0%
販売所最低取引量 円建てで500円相当額
取引所最低取引量 0.005BTC
(円建てで500円相当額)
取引通貨種類 18種類

コインチェックは一部上場企業「マネックスグループ」の子会社で、信頼性のある取引所です。

取り扱い通貨数も豊富であることが特徴です。主な特徴は以下のとおり。

  • 取り扱い通貨数が国内最大級
  • 取引画面が使いやすい
  • アプリダウンロード数、国内No.1
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所のビットコイン取引手数料が無料
  • 運営の信頼性
  • 安全なセキュリティ対策
  • ビットコイン現物取引高2ヶ月連続「国内No.1」を獲得
  • 暗号資産交換業で初めてカスタマーサポート対応において最高評価の三つ星を獲得
  • サービスが多様

各種手数料もほとんどが無料で、500円から暗号資産(仮想通貨)を購入することが可能です。

画面も非常にわかりやすく、初心者におすすめの取引所と言えるでしょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

②ビットフライヤー

bitflyerlogo

取扱通貨 BTC、ETH、ETCなど
手数料 販売所:無料
取引所:0.01%~0.15%
販売所最低取引量 0.00000001BTC
取引所最低取引量 0.001BTC
取引通貨種類 14種類

ビットフライヤーは、2014年から続く仮想通貨取引所で、他の取引所に比べて長い歴史を持っています。

ビットフライヤーの主な特徴は以下のとおり。

  • 各種取引手数料が無料
  • ハッキングの被害無し
  • 1円から購入可能
  • 最短10分で口座開設
  • Tポイントをビットコインに交換
  • 自動で積立購入できる
  • ビックカメラで使える

ビットフライヤーでは、取引手数料と入金手数料が無料であり、1円から暗号資産(仮想通貨)を購入することができるので、まずは暗号資産(仮想通貨)を初めてみたいという方におすすめです。

 

\暗号資産を 1円から購入可能/

ビットフライヤーで口座開設する

 

 

③GMOコイン

GMOコインTOP

取扱銘柄 BTC、ETH、BCHなど
手数料 販売所:スプレッド
取引所:Maker-0.01%・Taker0.05%
販売所最低取引量 0.00001BTC
取引所最低取引量 0.0001BTC
取引通貨種類 20種類

GMOコインは、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っており、信頼性のある取引所です。

GMOコインの主な特徴は以下のとおり。

  • 国内最大級の取扱銘柄数
  • 各種手数料0円
  • 信頼と実績のGMOインターネットグループ
  • 堅牢なセキュリティ、管理体制
  • 最短10分で取引開始
  • 豊富な取引スタイル
  • 取引ツールも充実

「取引手数料」「出金・入金手数料」「送金手数料」が全て無料となっており、低コストで取引を始めることが可能です。

また、最大2倍までのレバレッジにも対応しており、高すぎない倍率の設定から、安心して取引を行うことができます。

 

\ 取引手数料無料/

GMOコインで口座開設する

 

Web3.0銘柄の将来性

Web3.0銘柄の将来性についても見ていきましょう。

  1. 多くのビジネスモデルやサービスが実現
  2. Dapps構築が可能
  3. 世界中の人々が利用できる
  4. 取引を安全・効率的に行うことができる

順番に解説します。

 

①多くのビジネスモデルやサービスが実現

Web3.0に対応した仮想通貨は、将来的に多くの新しいビジネスモデルやサービスが実現されることで、さらなる注目を集めるでしょう。

また、Web3.0に対応した仮想通貨は暗号技術により、情報を安全に送受信することができます。

そのため、ビジネスにおけるセキュリティーの重要性が高まる中で、ますます重要な役割を果たすことが期待されます。

 

②Dapps構築が可能

Web3.0に対応した仮想通貨はブロックチェーン技術を活用することで、分散型アプリケーション(DApp)を構築することができます。

分散型アプリケーション(DApp)はブロックチェーン上で実行されるため、分散型であり、中央集権的な管理や操作が不要です。

これにより、個人や企業がより自由にアプリケーションを構築することができます。

さらに、データが安全に保存され、不正な改ざんや攻撃から保護されます。

分散型のアプリでであるため、アプリケーションの操作や管理に必要なコストが低く抑えられることもメリット。

これにより、新しいビジネスモデルやサービスを実現することができるため、将来的にWeb3.0関連の仮想通貨は、非常に重要な役割を果たすことが期待されます。

 

③世界中の人々が利用できる

Web3.0に対応した仮想通貨は、世界中の人々が活用することができるため、仮想通貨の利用は、今後ますます普及することが期待されます。

これにより、Web3.0関連の仮想通貨は、世界中の人々が利用することで、さらに注目されるようになるでしょう。

そのため、将来的にWeb3.0関連の仮想通貨は、非常に重要な役割を果たすことが期待されます。

なので、現在からWeb3.0関連の仮想通貨を選ぶことで、将来的なビジネスや投資の機会を掴むことができるでしょう。

 

④取引を安全・効率的に行うことができる

Web3.0関連の仮想通貨は、インターネット上でのやり取りが安全かつ効率的に行えるため、将来的には、さまざまな業界で利用されることが期待されます。

例えば、金融業界や医療業界などで、Web3.0関連の仮想通貨が活用されることで、よりスムーズかつ安全なサービスが提供されることが期待されます。

具体的には金融業界では資金の移動や決済がよりスムーズかつ安全に行えるようになります。また、医療業界では、患者の情報や医療記録が安全に保存され、提供されるようになります。

 

Web3.0銘柄の注意点

Web3.0銘柄の注意点は以下のとおり。

  1. 価値が不安定
  2. プライベートキーの紛失・盗難
  3. 詐欺や不正サイトに注意
  4. トラブル時の解決が困難

それぞれ解説します。

 

①価値が不安定

仮想通貨は、国家や政府が管理している通貨ではないため価格が不安定です。

そのため、市場内での流動性が高く、価値の変動が起こりやすい傾向にあります。

また、仮想通貨は政治的な要素や技術的な要素にも左右されるため、価値の変動が起こりやすいです。

例えば、政治的な要素としては国内外の政策や法的な枠組みがあります。

また、技術的な要素としては仮想通貨の技術的な進化や新しい仮想通貨の登場などがあります。

 

②プライベートキーの紛失・盗難

仮想通貨の取引や保管には、プライベートキーが必要です。

プライベートキーとは、仮想通貨を所有するために必要な個人の情報です。

このプライベートキーは暗号化されており、仮想通貨を取引や保管する際に必要となります。

プライベートキーは仮想通貨の取引所やウォレットに登録することで、発行されます。

また、プライベートキーは個人情報の暗号化により、セキュリティーが高く保護されています。

このプライベートキーを紛失した場合や盗難された場合、仮想通貨の取引や保管ができなくなる可能性があります。そのため、プライベートキーを安全に保管することが重要です。

さらに、プライベートキーは個人の情報が暗号化されているものの、ハッキングや不正アクセスなどの場合、情報が漏洩する可能性があります。

そのため、プライベートキーを保管する際には、セキュリティー対策をしっかりと行うことが必要です。

 

③詐欺や不正サイトに注意

仮想通貨の取引所やウォレットには、詐欺や不正なサイトが多く存在します。

これらのサイトは、仮想通貨に対する需要の高さや不安定さなどを利用して、ユーザーを騙します。

また、仮想通貨に対する規制が甘いため、詐欺や不正なサイトが多く存在することが特徴的です。

そのため、仮想通貨の取引所やウォレットを選ぶ際には、詐欺対策やセキュリティーの充実度を確認し、信頼できる取引所やウォレットを選択することが重要です。

 

④トラブル時の解決が困難

仮想通貨の取引は、国内外の取引所やプラットフォームを経由します。

そのため、海外の取引所やプラットフォームでは、日本の法令や規制が適用されない場合があります。

また、海外の取引所やプラットフォームでトラブルが発生した場合、日本の法律上での手数料請求や解決が困難になる可能性があります。

 

このように、Web3.0関連の仮想通貨を利用する際には、注意点が多くあることがわかります。

そのため、利用する前には、しっかりとリスクを理解し、適切な取引所やウォレットを選択することが重要です。

また、トラブルや事故が発生した場合には、適切な対処を行うことが必要です。

 

Web3.0銘柄に関するよくある質問

最後に、Web3.0銘柄に関するよくある質問に答えます。

  1. Web3.0銘柄は国内取引所で買える?
  2. Web3.0銘柄の購入方法は?
  3. Web3.0銘柄は絶対儲かる?

それぞれ解説します。

 

①Web3.0銘柄は国内取引所で買える?

Web3.0銘柄の仮想通貨は国内取引所で購入できます。

今回紹介したおすすめ銘柄の中では、以下の3つが国内取引所に上場しています。

  • BAT(ベーシックアテンショントークン):ビットフライヤー
  • DOT(ポルカドット):コインチェック
  • JASMY(ジャスミー):ビットポイント

Web3.0銘柄は将来性が期待されているため、今後国内取引所での取り扱いも増えると見られています。

しかしながら、現在は海外取引所でしか取り扱いが無い銘柄が多い状況です。

 

②Web3.0銘柄の購入方法は?

多くのWeb3.0銘柄は、海外の仮想通貨取引所で購入する必要があります。

しかし、海外取引所は国内取引所と比較して利便性が低いため初心者にはおすすめできません。

国内取引所で購入するなら、コインチェックがオススメです。

コインチェックは仮想通貨を500円から購入でき、この記事でも紹介したDOT(ポルカドット)も購入できます。

Web3.0銘柄が気になっているのであれば、サクッとコインチェックで無料で口座開設し3,000円程度を入金しておきましょう!

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 


③Web3.0銘柄は絶対儲かる?

いいえ、Web3.0銘柄が絶対に儲かるとは言い切れません。

仮想通貨は、国家や政府が管理している通貨ではありません。

そのため、価値の変動や不安定さがあります。また、投資や取引する際は、リスクを理解し、自己責任で行うことが重要です。

仮想通貨の価値は市場の情勢や政治的な要素などに大きく左右されます。

また、仮想通貨は新しい技術であるため、今後の価値の変動が予測できません。

このように、仮想通貨は価値が不安定なため、Web3.0銘柄が絶対に儲かるということはありません。

 

⑥まとめ:Web3.0銘柄に投資して先行者利益を得よう

以上、Web3.0銘柄の紹介や将来性など解説しました。

Web3.0が中央集権的な大企業から脱却し、ブロックチェーン技術を利用して、分散型の時代を作っていくことが目標であることがお分かりいただけたかと思います。

Web3.0はまだ始まったばかりで、今回紹介したサービスも運営が開始されたばかりのものがほとんどです。

今後、想像できないようなサービスが次々と生まれてくることは間違いありません。

そのため、早めにWeb3.0関連のサービスにいち早く参加することや、仮想通貨を保持していることで大きな利益がえられる可能性があります。

時代の最先端に乗り遅れないためにも、Web3.0の情報はこれからも常にチェックしておくと良いかと。

Web3.0プロジェクトや関連する暗号資産(仮想通貨)に投資してみたいと思う方は、コインチェックで無料で口座開設をしてWeb3.0銘柄を購入してみましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5